2020年5月14日 (木)

ヤマトのラジオ特番をお届けしました。

連載をようやっと脱稿しました。
手間をかけずに戦車を描く見せ方みたいなものをなんとなくは理解できてきたけれど、
手間をかけて戦車を描かないといけないシーンもある。
こつこつと一人で描くがゆえに牛歩のようなあゆみで、
なかなか頁数が稼げないのは悔しいけれど、この作品には必要な時間なのだと思うようにしてます。
そんなために今年もヤマトのラジオ特番があるのに
それを事前に十分に告知する機会も持てず、もどかしい時間を過ごしておりました。
Instagram-184

5月9日にその宇宙戦艦ヤマトのラジオ特番を放送しました。
病禍の中での制作環境ということもあり、
スタジオでの消毒エチケットはもちろんのこと、
マスク着用やUV除菌機能のある空気清浄機まで据えての収録番組となりました。
そういう中でもささきいさおさんにはゲストを快諾いただき感謝ばかりです。
ヤマトに特化した形でのお話を聴く機会は近年無かったもののように思いますし、
その意味でも貴重な言葉と時間だったように思います。
また、ヤマトという作品性を踏まえたメッセージも込められていたのは、
お聞きになられた方々は感じていただけていることでしょう。

番組では自分が前面に出ているように感じるかもしれませんが、
実のところはさして詳しい解説などはしておらず、
感想と意見を述べているだけで、
アンドローさん、譜観さん、そしてゲストのささきさんに水を向けて
話を聞く役であるのが判ると思います。
自分の役は間接部門であるというスタンスは一昨年の頃から変わっていません。
今回も渉外担当として、
ヤマト製作委員会の公認、ゲストの出演交渉、
スポンサー各社への説明と交渉、CM構成や脚本執筆、
そのための各種資料の作成などをもっぱら行いました。
あ、あと忙しいアンドローさんに代わってエポック社へ連絡もしました。
選曲や企画の細部などはアンドローさん、譜観さんに意見を求めながら、その調整役になります。
そして林檎さんには編集とディレクションという大役をお任せするので、
番組進行表みたいなものを作って譜観さんの選曲のシートとともに渡す。
間接部門は現場がよりよく動けるためにある存在なのです。そういう役回りが好き。
番組を楽しんでいただけたなら、
こうした我々4人の連携がうまくいっていたということだと思います。

特に譜観さんからは
病禍の生活の重苦しさを感じさせない、
ヤマトの音楽を楽しめる番組にしたいという考え方が示され、
林檎さんが普段の番組放送で発信者として心がけていることも伺いながら
番組の空間を組み立てていけたのも
今年の大きな特徴だったのかもしれません。

放送の数日前にNHK-FMで祝日特番として「ガンダム三昧Z」が放送されました。
が、自分は早々に聴くのを止めてしまいました。
ロボット物にそもそも興味ないというよりも
構成内容がどうにも好みじゃなくてがっかりしたからです。
プレイリストが発表になっていますが、
8時間に60曲もかけているのに、劇伴と呼ばれるサウンドトラックは10曲にも満たない。
まるでアニソンのカラオケ宴会みたいな状態。
自分は賑やかに面白おかしく過ごすような席は大の苦手で、
静かに人の言葉に耳を傾けるような時間と場所を好みます。
歌は自分にとっては人生や心の伴走者であり、騒いではしゃぐためのものではないし、
昔からお祭り騒ぎほど無口で孤独になって居場所がなく、駄目なんです。
この番組の企画は音楽と人との関係性をカラオケ宴会的に考えて作っているのが分かりました。
そこへ豊富な予算で声優さんをたくさん呼んで短い話で場を繋ぐだけ。
しかも事情は理解するものの、電話出演で否が応でも疫病流行下の窮屈さ陰鬱さが露出する。
つらいだけの番組なのです。
ガンダムだってヤマトに劣らない豊かな音楽性があるはずなのに、
そうした面には触れない番組はおかしい。
映画音楽が主題歌と劇伴を扱うのに、
アニメ音楽の番組は異常なほどアニソンに偏向しすぎている現状が自分には耐えられないのです。
ヤマトの特番を歌も劇伴も偏りなく聞ける音楽番組として作れたことは、
アニソン偏重への自分の回答のようなものかもしれません。

自分はTwitterをしていないので、
当日はラジオを聴きながらYahoo!リアルタイム検索でリスナーの反応を追いつつ、仕事してました。
そんなだから見逃してしまうつぶやきも多かったのですが、
まとめサイトに当日のツイートを一覧して下さった方がおりました。
■2020.5.9(土)クローバーラジオ特別番組「ラジオ・スイート 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」
その1 https://togetter.com/li/1505580  
その2 https://togetter.com/li/1505976
ツイート数が多いから2分冊だそうです。
18年が3500、19年が7000、今年が15000くらいと倍倍に増えているのも分かって、嬉しい限りです。
番組を録音された方は聴きながらこれを読んだら放送時の雰囲気が蘇って楽しいと思います。
つぶやき中には、僕がシリーズの後半に辛辣だというご指摘もありますが、
自分は漫画家として作品への疑問や意見を述べているだけで、
私人というか個人として問題視している作品には実は今回たいしたことは喋ってません(笑)。
漫画家は物語や登場人物の象徴性と関係性、その意味と示すことができた結果を考える
習性のようなものが身に染み付いているので
作品の好き嫌いから出る言葉ではありません。
そもそもそんなに嫌いなら番組なんて作らないし。
好きな仲間と会って話を聞いている。ラジオはそんな距離感だと思うので、
悶々と反芻することなく、On Airな感覚でお楽しみください。

そんなこんなで色々喋っていたら、
すっかり時間オーバーになってしまって、
それを詰め込むと音楽番組ではなく、トーク番組になってしまうという状況が分かったのが初日収録の後。
(収録は二日間行われました)
そこで大ナタを振るって、一つの企画丸々1時間分をカットしました。
番外編っていうのはその部分になります。
その部分は林檎さんではなく、譜観さんが編集したいとのことで、お任せしてあります。
いつまでもいじってると、いつまでも放送できないぞーっと
自分も出来上がりと放送を待つ身になっています。
そんなわけで番外編も編集途中ですが、
番組の再放送の予定も今のところまったくありません。
そういう要望などありましたらクローバー局へお寄せください。

今回、こういうご時勢だからこそ、
中身のないから騒ぎの宴会のように無為に時間を費やしやりすごすのではなく、
ささきさんもお話されていたように
ヤマトの作品性に添った形で音楽と話題をともに楽しめる機会になったことは
番組作りに関われてよかったなと感じるところでした。
協力いただいたスポンサー、ゲストのささきさん、
そしてアンドローさん、譜観さん、林檎さん、
リスナーのヤマトファンのみなさん、
ありがとうございました。

|

2020年2月27日 (木)

サイン会は延期です。ごめんなさい。

3/15に開催予定だった大洗の海楽フェスタが延期になりました。
自分と才谷屋さんのサイン会はその前日3/14に催すことになっていましたが、
角川と書店さん、そして我々の協議の上で無期延期とさせていただきます。
https://comic-flapper.com/information/entry-11274.html
おそらく大洗の商工会も同じように意識したと思いますが、
「延期」という言葉に
ちゃんと気持ちに応えたいという意思と責任を込めているつもりです。
ですので、サイン会の整理券はどうぞ そのまま保存をしていてください。

14、15日は自分はオフのつもりで大洗に行く予定を変えていません。
書店の江口又新堂さんにもお礼の挨拶をしに行きたいし、
少ないながらも顔馴染みになった方々にも会いたいので。
これまではどうしても外様である自分を意識していましたが、
単行本も出て、ようやっと一歩お近づきになれるかなと思うのもあります。

そんなこともあり、いまだ新参者ですから、
顔を知られていることは大洗の地元も、ガルパンさんたちにも殆どないですが、
もしそれでも見かけたら声をかけていただければ、
サインでよろしければいたします。
(自分は花粉症なので、マスクをしてるでしょうから余計人相がわからないかもですが)
ただ江口さんで単行本を購入いただいた方を優先できたらなと思うのも、
公正さなり義理なりがありますので、お許しを。

コミックスも手元に届き、見ましたところ、
カバー画の色彩に関しては色校でのバタバタが嘘のように、
自分の願った仕上がりになっていて安心をしました。
(本文の口絵はやや暗く沈んだ色になっていましたが)
ブックデザインはかなり自分であれこれ提案してしまって、
それを見栄えよく仕上げていただいたデザイナーさんに恐縮しつつ感謝いたします。
Design-rough_20200228082801
ただ発刊はされたものの、
周囲のほんの数人の人が感想を述べてくれたけれど、
結局、自分で触れることができるのはAmazonのレビューの「わけがわからない」って酷評だけ。
あとはほとんど読者の反応が分からない状態で
そもそも読者すらいないのではないかと思い悩みました。
Twitterも何もしていない自分は
いつのまにか誰の声も聞こえない場所にいるんだなと痛感するばかり。
[ガルパン漫画だ買ってみよう⇒わけわからない・つまらない・困った⇒だんまり]
って図式ばっかりなのだろうと思いつめて
漫画家をやっている意味はなんなんだろう。
無駄にお金を使わせて迷惑かけているだけじゃないのか。
大洗ではお礼を言うのではなく謝罪をしないと。
以前に「中国嫁日記」の井上純弌くんに「友達が欲しくて漫画を描いている」って話して
呆れられたけれど、
自分の漫画や自分の努力の結果で
友達ができるような期待をするのはきっと間違いなんだ。
浮かれているだけ愚かさは増していく。
欲を出さず、スルーされる現実を受け入れて、
漫画家を名乗ることに身をかがめて生きていくしかないんだろう。
そんな考えばかりが頭を巡って数日間凹んでいました。
普段、仕事をしていれば、家から出ず、
3日も4日も誰とも口をきくことのない、
世間から捨てられたような自分にとって、
新刊の感想ってそれが一言でも、自分に向けて発せられた言葉なのです。
そういうものが殆どないって、
つまりそれはもう存在否定と無視で、誰からも相手にされない証明のようなもの。
家族とか職場とか、もしくは飲食店でも「自分」に向かって人様から話しかけられる機会が
1日に一度でもある人には、
声の出し方を忘れちゃうほど人と喋ることのない人間の
わずかな機会と信じていたものが無音の絶望は、
たぶん分からないかもしれません。
おかしな奴だと笑うことでしょう。
数年前にあんまり孤独だから漫画を辞めると宣言した若い漫画家さんがいました。
それは他人事ではない。自分も本当に身にしみます。

武漢肺炎の影響で色々な催しが中止になり、
企業や学校が休みになる中で、
なんだか人と人が会って楽しむ機会が奪われ、
人と会うことや場を催すことが罪悪に見られるようになってきているのは
恐ろしいことだなと思います。
自分はもうこんなですが、
他の人はそういう孤独や分断に悲しむことがないように願うばかりです。

|

2020年2月20日 (木)

ガルパン漫画のコミックス発売です。

もう少してきぱきと仕事をこなして
半年に1冊くらいは刊行されるものと考えていた自分を叱ってやりたい気持ちになります。
ようやっと「樅の木と鉄の羽の魔女」が発売になります。
というか早いところはもう店頭に並んでいるのかも。
自分は風景とか自然物を描くのが好きで、
戦車はほとんど描いた事がなかったから、
ヤマトの宇宙空間にはなかった背景画を喜んでちまちま描いて、
予想外の戦車を描く難しさに四苦八苦していたら
毎月の連載の掲載頁数が稼げずに、結果1年もかかってしまいましたよ!
とにかく一人で絵を描いているので
どうにもこれ以上は早くならないっぽいし、
物語の全プロットのまだ半分だし、
この後、そのプロットの見直しをしようと思っているので、
まだまだ苦闘は続きそうです。

コミックスは今回、色味の再現でかなりてんやわんやがありまして、
最終的にこちらの目論見どおりの色になっているのか、
今日(2月20日)の時点で献本が届いていないので、わかりません。
静かな青味を表現したかったのですが、背景のオレンジに引っ張られて、
なおかつ黒ずんでしまって悩まされました。
綺麗に再現されていたらいいな。

ということで
明日の発売日には、連載の更新もされます。
コミックスの購入特典のカラー画をあれこれ描いていたら、すっかり時間を食われて
今月も頁数は少なめです…。ゴメンナサイ。
今回も背景とか頑張って描いています!
その連載の最後の頁をお借りして
コミックス上巻の描き下ろし特典の一覧を掲載させていただきます。(コレ↓)
Tokuten

カバー画を用いた特典を作られた書店さんもあるらしいのですが、
自分にはどこなのかの情報がないので、
描き下ろしをした書店さんのみのリストになってます。
丸善さんはお茶の水店のみに特典がつきます。
さらにモノクロのペーパー、そして直筆サイン本も並ぶ予定です。
サインといえば、
大洗の江口又新堂さんでもガルパン漫画の恒例らしいサイン会を行います。
3月14日土曜の午後から。
海楽フェスタの前日ですね。
執筆を助けていただいている才谷屋さんと合同です。
昨今のご時勢であれもこれも中止とかなんとかありますが、
自分が倒れてなければ、大洗には行きますので!
花粉症なのでマスクをしている非礼をお許しください。

地味なお話なので
読んでみたら「なんじゃこれ?」って人もいらっしゃるとは思います。
そのあたりは物語の後半で地味に盛り上げたいと思っています。

|

2019年12月27日 (金)

年末のご挨拶的な。

すっかり年の瀬という感じで、
でありながらずっと漫画を描いているばかりの1年でありました。
戦車漫画は、戦車のことをちっとも知らなかったとはよく口にしていますが、
戦車を描くっていうことも理解が足りなかったなというのも実感してます。
とにかく手がかかる。
資料として作っていただいた模型は、
現在購入可能なキットということでスケールがまちまち。並べても大きさの比較が出来ません。
またディティールの再現も色々違うようで、それを調べていると時間ばかりが過ぎていく。
自分はいわゆる「乗り物」とか「兵器」に子供の頃からあんまり興味がないので、
戦車をメカニックというより、鉄の塊の存在感を出したいなと思ってます。
なので定規で引いた綺麗な線ではなく、
ここはぶつけて歪んでるかな。凹んでるのかな。
錆とか塗装の凹凸やはげとかこうかな。
鉄板は薄いかな厚いかな。
そんなことを意識してごつごつとしたフリーハンドで描いてます。
以前に友人の手伝いでアシスタントとしてメカや背景を描いている時、
そういう存在感を大事に描いたら「定規を使ってくれ」と言われ
その味気ない薄っぺらな感じの線にずっと疑問を持ってました。
今の絵はその自分なりの回答なのかなと思ってます。
まぁそのために全然頁数が稼げませんw
13name01

今月もなんとか脱稿しましたが、
そこまでの分でコミックスの1巻になります。
最初は全1巻の予定でしたが、
ここまでで当初組んだプロットの半分しか消化していないので、
上下巻構成となりました。
1月半ばまで単行本作業をして、発売は2月を予定しています。
お正月休みなしでまた仕事になりそうです。

そして明日に迫りました冬のコミケット。
今回予定していた新刊は、連載漫画の仕事と依頼された冬コミのイラストの寄稿で
時間がなくなってしまい断念しました。
テーマは決まっていて、
今年の春に急逝された小説家の吉野匠さんとお仕事させていただいた絵やラフをまとめた本です。
もう10年以上前にご縁があり、挿画を寄せた本自体は絶版的な扱いになっています。
このたびの訃報に驚き、その追悼の意を込めて。

ということで、この冬コミは何をしてるかといいますと
初日28日ではお馴染みのKIYOCLUB(南 オ-22a)で販売奴隷をしています。
今回そこも新刊を見送り充電期間に充てたいという判断になったとのことでしたので、
抱えている在庫を整理する機会にもなろうからと
既刊の一つ、ルパン三世の本にカバーを新しく作って
新装版として数年ぶりに持ち込もうと僕のほうから申し出てみました。
KIYOさん負担ではなく、僕の持ち出しで。
なのでうちの新刊的なものはこのカバーかもしれません。
既刊をお持ち人のためにカバーだけの販売もする予定です。
Lupin-cover-tombo

購入者特典としてこのカバー画のポストカードも作りました。
KIYOCLUB、そして三日目30日のむらかわみちお党(西 G-07b)では、それを差し上げます。
自分の所はやはり在庫 をいくつか持参するのと
KIYOCLUBの委託物を並べます。どうかお許しを。

そして日本晴(28日 西A-47b)で出る広江れータンの341戦闘団本の表紙も描いてます。
あとは小林治さんの
Factoryきゃの(28日 南 ケ-27a)の新刊「ポニテにて2019冬」の表紙を描いてます。

341
そして!
年が明けた1月4日に埼玉県のFM局ハローハッピー・こしがやFMにて、
新春ラジオ特番『君にも見える円谷の星』に出演することになりました。
13時から4時間の生放送で「ウルトラマン」をはじめ円谷プロ作品の大特集をします。
「マイティジャック」「怪奇大作戦」やメビウスなどの近年の作品まで、
主題歌やサントラ、珍しい音源まで色々採りあげる予定です。
出演はDJ林檎さんと、アンドロー梅田さんと自分の3人になります。
ヤマトのラジオ特番のお仲間ですねw
自分は作品の感想とかヨタ話の担当予定です。
急な企画なのと正月早々もあってゲストをお呼びすることは叶いませんが
お正月の午後を円谷作品の音楽で過ごしてみませんか。
電波エリアの広い局なのですが、FM電波はアンテナの向きがタイトなので、
スカイツリーから埼玉の方角に向きを変えるのも大変ですから、
全国どこでも聴けるリスラジなどのwebサービスやラジオアプリをお薦めします。

そして、本年もありがとうございました。
人の悪意に触れたり、自然災害の厳しい色々と悲しいことの多い1年でしたが、
自分でよりよくできることはその努力をしていきたいと思っています。
新年もどうぞよろしくお願いいたします。

|

2019年9月16日 (月)

いろいろ

ガルパンの連載は無事に掲載されました。
Instagramの投稿がPCからできない状態でもあり、こちらに報告ということで。
ネームはもう少しあるのですが、力不足で今回も10頁少々。
牛歩のごとき歩みながら、今回の掲載分を執筆しているときに
これまで何頁くらい描いたのか初めて振りかえってみたらものすごく驚いた。
120頁以上になってました!
原稿を描くスピードが思ったイメージでないため、すっかり、積算した量の感覚を失ってました。
ところが最初に組んだ物語のプロットの消化はまだ半分。
角川のコミックスの頁数は150~200の間が基本なので中途半端極まりない形に。
プロットを組み替えて、短くするか、2巻構成にするのか思案中です。
Twitterのアカウントもなければ
ニコニコ動画のアカウントも持っていないため、
読者の感想がほとんど聞こえてこないので、
連載をどうしたものか、出版社の事情と自分の中の物語性しか頼るものがなかったり。
ううむ。

先日、担当編集さんと話していて、
ComicWalkerのバナーや連載第1回のカラーの色が
こちらの提出した色と大きく変わってしまっていることに
気づいていなかったことを知りました。
伯爵高校のパンツァージャケットは
第一次大戦時のルーマニアの軍服の意匠や色をベースにしているので、
少し青みを帯びています。
自分のデジタルでの色の塗り方は
デザイン側が注意せずにあれこれ手を加えていくと
その過程で色が大きく変わってしまうような作りをしてあるので、
こうしたことになったのだと思います。
(普通に扱えば変色はしません)
なのでバナーを試しに自分で作ってみました(右)。
8697012

ちなみにジャケットから覗くスカートは
ルーマニアの民族衣装を下に着ているのもので、
7話のアンナを描いた扉絵で図解をしてみました。
普通の制服は、
僕の母校である浦和市立高校(現・さいたま市立浦和高校)のセーラー服をベースにしています。15488543741548854456
なので色は全部紺色でラインは黒。
夏服の半袖だけ絵的な色のバランスでちょっと違う仕様にしてます。
埼玉県内では人気のある制服なので気づいた人もいたかもしれません。

|

«ガルパン「コミカライズトークショー」でした。