« ヴァンパイア来たる | トップページ | サマーウォーズ二回目 »

2009年8月19日 (水)

コミケにて出会うこと思うこと

コミケット76は無事に終了。 
参加の皆様、お疲れ様でした。 
まずはお越しいただいた方々に御礼申し上げます。 
お蔭様で僕のヤマト本は予想以上に人の手に渡り、 
ようやっと寄稿者へのお礼の席が設けられるだけの利益を生むことが出来ました。 
利益の話を先に出しておいて恐縮ですが、 
ヤマトの同人誌は寄稿者に原稿料をお支払いしていません。 
「ヤマトが好きだから」という気持ちを主体にした厚意で成立している本であって、 
好きな人が気持ちを寄せて作って、それが同好の人の手に渡るだけが大事な本です。 
否定的な意味で言うならば、 
二次創作で貪欲に利益を追求して、それで暴利を貪るような姿勢を快しとしません。 
原典への愛情と敬意を失わず、大人の楽しみとたしなみを忘れない範囲でそれを作り、 
売価は、印刷原価と僕の同人サークルの認知度を鑑みながら、低廉で届けられるよう決定しています。 
もし利益が出たのならば 
それは忙しい最中にご寄稿いただいた方々と 
ヤマトを語らい、親交を温める場としてのこじんまりとした 
でも礼を尽くした宴席に費やし、 
僕の手元には残すことをしません。 
もちろん原典の著作者に返せという論理もありましょう。 
もし原著作者を宴席にお呼びできるような環境ならそれもしたいと考えます。 
(寄稿者もとても喜ぶでしょう) 
しかし僕の非力ゆえにそれが叶わない中で 
好きな人と好きな人をつなぐ機会を作れたということがきっと 
作品の未来をつなぐものになるということに自負と期待をもっています。 
そしてファンジンっていうものは、書き手にとっても読み手にとっても 
そもそもこういう幸せな場であったはずであり、 
こういう在り方が今もあって良いんだと、 
僕は思いたいです。 

西館本部の周知ポスターは 
思いのほか堅実な扱いで、貼ってあるのを探すのが楽しみな感じの掲示でしたが、 
でも大きな自分の絵を見るのは、不思議にどきどきでした。 
画稿料のでる仕事ではありませんゆえ、本部の方々も当日は気をつかってくださって、 
そのご厚意はとても嬉しく感じております。 
執筆時に担当者様のおっぱいへのこだわりに深く共鳴いたしまして、 
良い絵にできたと思います。 

会場では多くのお仲間にも、読者の方にもお会いできました。 
感想や励ましは漫画家にとって何よりの栄養剤で、 
特に僕のようにどうも本誌では人気がなさそうな者にとっては、心の救いでもあります。 
差し入れに忍ばせてファンレターをもってきてくださった方もいて、 
しかもそれが くうたんの形に工作してあるのを後で気づき、大感激! 
差し入れのお菓子も、お手製のくうたんクッキー! 
クッキーは食べちゃいますが、手紙は多分一生の宝物です。 
今も手にしては遅れ気味の原稿を進める励みにしています。 
お仲間への挨拶回りで買い物は殆どしないままでしたが、 
とても楽しい時間を過ごせました。 

夜は恒例になった漫画家・野上武志さんの打ち上げ大宴会。 
美味しい中華に紹興酒もたっぷりいただきました。 
途中からストライク・ウィッチーズの高村監督もご来臨になって、 大サイン大会に。 
さっそくに僕も監督からサインをせしめたりして。 


楽しく心温まる1日でありました。

|

« ヴァンパイア来たる | トップページ | サマーウォーズ二回目 »