« ヤマトの宴 | トップページ | ガセなのか »

2009年10月23日 (金)

いよいよ「虚数霊」新版1巻本日発売です

話題だけはついつい先行してましたが。今日やっと発売です。

Book1

単行本作業で妙なところに手をかけすぎまして、
連載原稿や旧版の原稿と今回の単行本の差異ってまるで
「まちがいさがし」じゃないの!
と言われるような感じでありますので。
比較されても楽しめます。
早速、届いた本を読んだら
連載時にはなかった誤植を1箇所見つけちゃったりしたけれど、
(版を作り直したから打ち変えたのかな?)
印刷はキレイに再現されていてひと安心。
カバー画の赤も印象的になっている。
面白かったのはデジタルとアナログの原稿の差。
今回混在しているから、よく解る。
アナログの方が情報量が多いのか線にふくよかさがある。
今、使用している原稿用紙はペンのタッチがシャープに描けるのもあろうけれど、
データ化の段階の2値化でさらに細るのだろう。
友人の米村孝一郎と話したとき、
デジタルにするとどんなにシャープに細い線を描いても
所詮は1ピクセルで、破線のようなドットになってしまう。
だから描き方の発想を変えたと言っていたけれど、
その感覚と同じものを感じる。
この差を勘案した原稿に仕上げないと。
で、線は細っているのだけど、
本文紙面はなんとも細ごました漫画で、暑苦しいなぁ。
先日、出渕裕さんと呑んだ時、「ヌキがない、コマ割りに緩急とリズムが足りない」
とご指導いただいたけど、ごもっともでございます。
読んでいると、執筆時にへろへろで手が廻らなかったスカスカなコマの頁の方が
イイカンジになっているんだもの。とほほ。

その反省に立って、現在手がけてる連載原稿は、と思えど
今回も細ごましています。描くのが大変なくらい。とほほほほ。
次回から!次回からやりますよ。
やればできる子なんだよ。多分、僕は。くすん…。

で、一部書店では書き下ろしのペーパーが同封されます。
ペーパーの配付店ですが、現在、確約いただけたのは、
○丸善お茶の水店
○コミックZIN 秋葉原店,新宿店
○ジュンク堂 コミック取り扱い全店
です。
この他にも順次増えると思います。
(例えば京都・長岡京バンビオの恵文社とか)

なお、連載原稿の脱稿後に丸善・御茶ノ水の在庫にはサインを入れる約束になってます。

Amazonでは当初予約できないなどというお話もありましたが、
なぜか今月発売のMFコミックスは全部、作者名がブランクで
名前では検索に引っかからない状況になっていました。
現在ではそれも訂正されております。

数年ぶり、漫画家として再スタートをきっての単行本です。
なんとかここまで漕ぎつけました。
また一歩ずつ進んで参ります。
漫画は1枚1枚の原稿からですので。
ということで、今夜も原稿を描きつつ。

|

« ヤマトの宴 | トップページ | ガセなのか »