« 漫画絵を塗るということ 1 | トップページ | 漫画絵を塗るということ 3 »

2009年11月19日 (木)

漫画絵を塗るということ 2

その2「東西の絵:東」

ここでまた前置き。
僕はまともな美術教育を受けたことがない。
大学は法学部だし、漫画なり絵なりは、まったくの独学である。
学校の美術の授業でも成績は極めて悪く、
高校では5段階評価で2。
あまりに美術の成績が悪く、
校内放送で名指しで教員室へ呼びつけられて叱咤されたこともある。
教師からは1だと恫喝されたが、
卒業に響くからと踏ん張って、お情けで2を貰っていた。
その人間が美術史に絡んだ話題を記すのだから
おこがましい上に誤認もあろう。
そこは予め割り引いてもらえたらありがたい。

漫画のカラー画がPC彩色の時代になって、
なんともお粗末な塗りに陥った漫画家の絵が
あちこちであからさまになってしまったことに困惑し、
なんとか打開策というか、その改善に糸口を見つけられないかという
ところからこの試論は始まっている。
そもそもは、僕の友人達にカラーが上手く塗れないと嘆く方がおり、
その問題がこのブラシ塗りに直結しているケースが多かったのが、思考のきっかけである。
今回は洋の東西における絵の思潮を踏まえて、
そこに今、漫画絵の塗りの現場で起きている流れと重ねて見たいというもの。

手塚治虫は「鳥獣戯画」を漫画のルーツだとNHKの美術番組で語ったりしていたが、
「伴大納言絵巻」などの絵巻物に見られるストーリー性と演出も
アニメや漫画の始祖として語られて良いであろうことは、
高畑勲がまた同じNHKの番組で語っている。
なのでどっちがどうでもいいのだが、
12世紀頃から日本は絵にそうした表現のスタイルを有し始めていたらしい。
飛鳥天平の時代から中国絵画の影響を長く受け、
日本の絵は、近代に向かって一定の方向性を強くしていく。

墨による輪郭線という形状の認識と表現。
前回も触れたけれど、濃淡の表現は残されていることもあるが、
基本的には墨一色で完結する線画表現に到達する。
筆の勢いや太さなどその表情で動静や方向性、存在感をかもし、
光源の位置やその強弱をも表す。
簡潔にして完結した世界。
日本の絵画の色彩表現が西欧に比較して鮮やかさに劣るのは
中緯度地域における太陽光の入射角から彩度が低くなること、
極東域にあるため東からの光線の青みの影響を受けること、
湿潤な気候による遠景の色の拡散が著しいこと、
そうした光の環境に左右される植物の植生と色、
そのような環境条件が、色よりも墨の濃淡に親和性を見出し、
この墨一色による方向に定まってきたと僕は考える。

パース法ではなく平面的に再構成される遠近と構図。
西欧の遠近法はパースを重視した幾何学遠近法(透視図法)が、
ルネサンス以降、近代に主流になってくる。
現代の漫画はこの遠近法を基本的には踏襲しているわけだけれど、
そもそも日本絵画の系譜ではパース法は重きを置かれない。
物体の重なりや大小、俯瞰における上下で表現される程度で、
幾何学的合理性がなくとも、配置により脳で補完するという、
見る人に期待した表現法が幅を利かせていた。
なぜこのような収斂をしたのかは、不勉強で解らないけれど、
日本の風景は人口構造物が少ないし、起伏が多いし、遠くはぼやけるし、
画題そのものが、人物や花鳥など近接したモチーフが多いこと、
余白に意味を見出す精神性もあろう。
そして絵巻のような鳥瞰の視点に、
事物への超然と均衡を維持して物語ろうとしたりするから、
パースに意味をあまり見出さなかったのだろうか。
もうこの延長には「洛中洛外図」みたいなのがあるわけで、
上下の遠近性のお約束を除くと、
遠きも近きも同じ角度、同じ大きさ、同じ密度、
おまけに建築はティルトかけたxyzの投影図さながらマッピングされている。
日本の絵の構図は実景よりもその対象への心理的な近さに左右されている気がする。

筆記具の容易さと画題の自由度からの大衆化。
これも不勉強ではあるが、
西欧に比べて、墨と筆という筆記具の簡易性、携帯性、簡便性は目覚しく、
また、絵画において宗教的な画題制限も課せられなかったから、
日本の方が、西欧よりも民衆に近いところに絵を描くという行為が存在したのではなかろうか。
版木による大部数の印刷が可能になった段階でそれは爆発的に大衆化し、
かの浮世絵と黄表紙などに到達する。
師宣、広重、歌麿、写楽、北斎、国芳らを見るにつけ、
この時代の絵画はリアルを志向しつつも形状の省略と誇張を進め、
画題も極めて生活に密着し、心理表現も獲得している。
まさに漫画の絵画的な基礎はここに固まったといえると思う。

ただ江戸期の浮世絵の表現をピークと捉えるのは若干の誤りがある。
媒体としての隆盛も、業界の人口数も確かに江戸期が頂点だけれど、
絵画的な模索は、西欧画の流入の始まった明治期から大正に向かって、
浮世絵の衰退に抗うように、野心的で技巧的な思潮が生まれる。
河鍋暁斎、月岡芳年が浮世絵の最期の華ならば、
そこから大正へと流れる「新版画」の運動がそれに当たる。
川瀬巴水や橋口五葉、吉田博などが白眉と言えよう。
僕はここに漫画絵への彩色における大きなヒントの一つがあると考えている。

[つづく]

|

« 漫画絵を塗るということ 1 | トップページ | 漫画絵を塗るということ 3 »