« 「君に届け」は好いタイトルだと思う | トップページ | つぶやけません »

2010年1月22日 (金)

募金をしようとおもうのだけど

ハイチの震災被害に対して、
さすがに15年前の阪神淡路震災の時のように
自分が現地にボランティアとして入ることも難しいので、
何らかの形で募金はしたいと考えている。
世界各地で天災以外にも、困窮や政情不安などで苦しむ人は多い。
その「どれか」にテコ入れをするならば、
同じ意思をもって他にも寄付なり奉仕活動なりをしなくてはいけないのでは
などと思ってしまうこともあるので、
阪神の時は「現地にいる」という状況を作り出して
半ば当事者としてその地でボランティアをする理屈でクリアしたけれど、
今度の震災でも、ハイチだからこそ募金するという筋道が通る方法を探っている。
僕はTVの地震や災害関連ドキュメント番組は全部チェックしたり、
区の市民レスキューやマンションの防災担当の役を請け、
大震災後のマンション罹災時活動マニュアルを密かに作ったりと、
災害・地震マニア的なところがあるけれど、
だからハイチの地震に無関心でいられないって理屈も
あまりよろしくないので。

で、募金方法や募金先など調べるうち、
やはり気になったのが「財団法人日本ユニセフ協会」。
相変わらず国連組織のUNICEFの皮をかぶって商売が盛んだ。
ここの協会は
募金や寄付は基本的に上前をはねて、自分の懐に入れる。
つまりピンハネする。
全額、被災者はもちろんユニセフにも届かない。
(そのハネたお金で自社ビルを建設する団体だ)
今回のハイチ緊急募金だって
全額が被災地に贈られるとは一言も触れてない。
そもそも明解な会計報告をしない。
かつて僕は公益法人の仕事をしていたけれど
そういう組織だからこそ会計内容の公開と厳しい監査をモラルとしていた。
つまり日本ユニセフは後ろめたいから開示しないと理解されても仕方がない。
数十億のアガリをいただく、まさしくおいしい募金商売ではないのか。
webにあるハイチ募金の文面がまた絶妙なごまかしで、

14日に日本での緊急募金活動(ハイチ地震緊急募金)をスタートさせた日本ユニセフ協会も、同日、50万米ドル(約4600万円)を、緊急拠出することを決定しました。今回の拠出は、ユニセフ本部の要請に基づき、自然災害や紛争など緊急事態の発生時に柔軟に対応するために積み立てている緊急拠出積立金より拠出するものです。また、日本政府も、ユニセフを通じた支援を準備しています。

日本政府が自分たちを通じて支援するかのような誤読を生みやすくしてある。
不潔極まりない。
この団体の黒さについて詳しくは、以下が簡単にまとまっている。
http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-281.html

なので、募金を考える場合は
(財)日本ユニセフ協会をぜひ「論外」「対象外」にしてほしいと思う。

調べると今は様々な募金や寄付の方法がある。
日本赤十字の口座へ直接振込という定番から、
yahoo!ポイントを使って赤十字に寄付する方法
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1301013/
webmoneyを使った方法
http://www.webmoney.jp/cam/cgibin/donation/do/index.html
チャリティイベントへの参加や
曲のダウンロードのお金が募金に廻る仕組み、
i-Tunesを使った方法まであるらしい。
多くの企業もその窓口を作っている。
上場企業は、有価証券報告書で会計の公開が義務付けられているし、
日本ユニセフよりよほど明解だ。
とりあえず僕は、
使うあてもないyahoo!ポイントは募金に回しておいたところ。

募金はあわててする必要はない。
すぐにお金が形や援助になるわけではないから。
罹災後しばし時間を置いたときこそお金と物資が必要になり、義捐(義援)金が意味を成す。
それまでの間、僕らは適正な募金先を選べばよいのだ

追記:一般企業の募金活動は
どうもそうした業務の片棒をNGOや慈善団体に担がせて
作業の軽減化をしている様子で
そうした中に日本ユニセフにお金が流れているケースがけっこうある感じです。
最初に書いたドラえもん募金などは
その意味が不明確に日本ユニセフにお金が流れる仕組みができているのを
知人の指摘で発見しました。
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/14650506.html
これはスマトラ沖地震のケースですが、ハイチにも同様の流れになる可能性が高いです。
これはやっぱり赤十字へ直で入金するのが一番安全なのかも。

|

« 「君に届け」は好いタイトルだと思う | トップページ | つぶやけません »