« つぶやけません | トップページ | 雑味が欲しい »

2010年2月13日 (土)

どこ吹く風でいいんだよ!

例によってまったく興味がなかったので
今日、冬季五輪が開幕だと昨日知った。
ニュースでも触れている
スノーボード代表の国母選手の服装マナーの話題からだったわけだけど、
なんでそんなに彼をいじめるのかな。
周囲と違う装いや姿勢を見るや
誰かがちょっと大きい声を上げて公の御旗が立つと
とたんに否定的な論調が幅を利かせて
自分と異質なものを排除する。
もう最悪。
彼の競技のスノーボードのパイプって
スケートボードでもそうだけれど
ストリートカルチャーの影響が強いから
服装や姿勢だってそれが反映されて当然。
それをまるごとでこの競技なんだから。
そこを理解しないで文句言う人間の方がまず恥ずべきだ。
相撲が仮に国際競技種目にあったとして、
ちょんまげを結って開催国に行ったらいけないの?
ファッション的なひとつの文化の要素を携えていることは、いけないことなの?
視聴者の文句を鵜呑みにして注意したJOCは
オリンピックを高校の修学旅行と勘違いしてるんじゃないのか。
JOCの市原則之専務理事は
「スポーツマンの常識からかけ離れてる。国民の代表として来ている人間の服装じゃない」と、
声を荒らげたそうな。
スポーツの多様性を尊ぶなら、人間の生き方の多様性も尊ぶべきだ。
人気のあるスポーツ種目を導入するっていうことは
その文化性にも敬意を持ち、受け入れることであって、
役員の個人的な好みや己の体裁で、否定や排除をするのは
組織として間違っている。
JOCはそういう選手を大衆の偏見から守ることが本当ではないのか。

ユニフォームが意識の結束なんて言うけれど、
本当は管理のしやすさと、思想統制であって、
そこを触れずに語るのは白々しい。
そもそもユニフォームがマナーなんてのも理由がないわけで、
幻想と妄執でしかない。
僕も高校時代はヤンキーとか不良系とはまったく違うベクトルで、制服を勝手に着ていた。
例えば冬でもワイシャツ1枚で上着を着ないで過ごすとか。
それを調和がとれないと説得しようとした教師の論法は
JOCとさして代わり映えがしない。
ましてや、まがりなりにも彼は規定のユニフォームは着ており、
どこかの野球選手のように自分勝手な服ではない。
サングラスだって
雪の反射の強い冬季競技において、目を保護する意味で
普段からかけるのは何ら間違いじゃない。
それに彼は人前で話す際は礼儀をもってちゃんとはずしている。
そこを面白がってフラッシュをたく無神経なマスコミこそ
競技に影響をしかねない愚行だと知るべし。

幸いなのは
彼がその愚かな周囲の態度に
やり過ごす精神を持っていること。
僕はオリンピックにはまるで興味ないし、
日本もまったく応援なんてしないけれど、
(国ではなく、すべての競技者の人間そのものを応援する)
この愚かな連中を黙らせるためにも
彼には気持ちの良い滑りをし、得心のいく競技をして欲しい。

しかし国母って素敵な苗字だなぁ。

|

« つぶやけません | トップページ | 雑味が欲しい »