« まだ踊ること無かれ | トップページ | 消えゆくもの »

2010年3月20日 (土)

守ることの難しさ

この数日、種々の小さな用事で出かけてしまい、
ノベルズのイラスト仕事は思うように進まず、自分に苛立つ。
昨夜はマンション管理組合理事会での大規模修繕完了の宴席。
施工業者を招いての謝恩会のようなもの。(オイラ役員なの)
お酒が入ると、ろくな絵はかけないので、早くに休んだけれど、
きっちり4時間半で目が覚めるのは、身体のリズムなのか。

昨日、一応「東京都青少年健全育成条例」改正案は「継続審議」の決定がされた。
とは言っても、一応という理解であるべき。
つまり6月都議会には再び山が来るのだから。
議会的には「継続審議」という文言は
「廃案」はもうない。
なんらかの形で改正はありきで新しい結論を見出す「必要」がある。
そういう方向を逆に確認されたという意味合いになると
小説家のひびき遊さんの得た話で知った。
(だから自公を含めた「全会一致」になった)
僕らは、もうこれまでではいられないのだ。
身体の一部は敵にくれてやらねばならぬ、そのことを覚悟して
守るべきものを考えていかないといけない。

今回の一件で
規制反対側、守ろうとする側の人たちの足並みが
どうにも揃わない様を感じた。
一部規制容認から、現状維持の放任型までと
もちろん、考え方の違いがあるのだから当然だ。
だけど憂慮するのはそこではない。
自分と守ろうとするイメージの違う人や
自分とは反対行動の方針が異なる人に
バッシングが起きていること。
古い言葉で言えば「内ゲバ」だ。
確かに、先陣を切ったことに増長しちゃったのか
浮き足立った発言をしている人もいるし、
推進派への個人攻撃を訴える人、
想定される黒幕を敵の本陣だと祭り上げる人たちには、
叩きこそしないけれど、僕もちょっと待ってと思う。
今の主戦場は議会であり、
闘うのはそれぞれ持つ武器も異なれば頭数も異なる
会派(党)という部隊に所属する議員だ。
僕らは後衛であり、補給部隊でしかない。
であれば僕らは何をするべきなのか。
多くの意思と、情報と理論武装された弾を集め、
議員が闘いやすい条件を作ってあげることしかないのだ。
議場の外から援護射撃できる人や組織も限られている。
その限られた条件をどう支えるかだ。
どこかのゲームのようなラスボスを勝手に想定して
そこを倒せばいいなんてものじゃない。
現実を見ないと。

オタクを中心として、ネットを通じて発言をしてきた多くの一般の人たちは、
自分の肯定するべき価値の主張と共有をし、
それを守ろうとすることが初めての体験に近いのではないだろうか。
アニメや漫画などの作品、または個人の思想や行動を
何の責任を負うことなく、批判・否定し斬って捨てることはとても容易だし、
斜め上方から見下ろした立ち位置は気分が良いだろう。
仮に褒めたことがあっても、「神」などという
共通スラングの曖昧さと安寧に逃げて
自らの言葉で恥を省みずに語ることなんてしない。
だが今回はその立場は規制推進派にあるのだ。
僕らは不謹慎な物、不潔な物と断じられるものを守らなければならない。
誰かの受け売りの言葉ではなく
自分の中から発するもので語らなければ価値がない。
その価値をもって仲間を増やし納得をしてもらわないといけない。
どこか恋愛にも似ているけれど、
周囲にどう言われようとも、
アバタだろうがエクボだろうが、七癖あろうが、
全身全霊で肯定して好きだと、これが自分の愛する人だと、
必ずしも自由にならない自分の身の外にある存在を価値として
人前で裸の自分と同義にさらしてなおかつ、守って立たなければならない。
さらに難しいのはそのパーソナルな価値をもって
共闘をしないといけない。
守るという行為は本当に難しいことだ。
推進派は常に足並みが揃っている。
利害は簡単に一致できるからだ。
否定されるべき物は僕らが供給しているのだ。
彼らは「コレだ」と示せばいいだけ。
そしてその推進活動も極めて組織的で権威をもって行われている。
内ゲバなんてしていたら、足元をすくわれて
こちらは容易く完全敗北をきっする。

あと3ヶ月しかない中で、僕らは何をしていけばいいのだろう。
まずは、この一件で動いてくれた都議会議員や会派に
お礼のメッセージを送って
議員達の心に達成感を与え、支持を感じてもらうことは
きっとこの先へのモチベーションには不可欠だと思う。
僕も文書を送ったり、仲介してもらった旧知の代議士にはお礼を伝えておく。
そして改正案を学ぶこと。
都や規制派は「誤解がある」という戦法をとって
議員や識者の懐柔を図り始めている。
そこを突くには学びしかない。
さらには、規制の反対を主旨にした話し合いの場を作っていかないといけない。
これは個人では限界がある。
漫画家協会でも全国同人誌即売会連絡会でも雑誌協会でも良い。
組織が音頭をとって、一定の権威を有して
理論と戦略をとりまとめていって欲しい。
それでないと推進派の組織活動と同じ重さで対抗できない。
(実はどこか動いてくれるのかが一番不安)
僕らはどこかの組織に音頭をとるよう働きかけることしかないだろう。
そして出来た場所に意見を持ち寄る。
こちらは多様な価値観があるのなら、
それは議論のための理論武装の豊かさに活かせないのか。
仮に問題の残る論理構造でも、
ディベートでは分かっていて使うことも戦略的にできるからだ。
理路整然としたものから、感情論的なものまであっていい。
交渉とは種々の局面ですべてを使うものであり、
弾は種類が多いほど良い。
冒頭述べたように、すでに身体の一部は持っていかれることは
覚悟した戦いになろう。
どこの部位になるのか、それによっては批判も生まれようけれど、
中で争えばその部位は増えていくばかりだ。
そして「どろろ」のようには取り返すことなどできないのを忘れてはいけない。

今回の一連の流れを総括したGIGAZINの記事。
『「非実在青少年」問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?まとめ』
記事のlogはちゃんと残るところなので参考にリンクをおいておきます。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100319_hijituzai_seisyounen/

|

« まだ踊ること無かれ | トップページ | 消えゆくもの »