« 僕らのために戦ってくれている人がいる | トップページ | 物語の外へ[1]吉田康一郎都議への訪問より »

2010年4月29日 (木)

近頃なにをしてるかというと

単行本作業を一時とめて、
月刊連載の作業に戻る。
単行本の仕事は、連載の仕事と並行できそうな段階まで仕上げてあるから、
5月後半には出来上がる予定。
ということで世の中はGWだというのに、
基本は普段と変わらず粛々と机に向かうことが殆どになりそう。
なので仕事の切れ目に日記で近況の報告など。

24日は川崎LA CITTADELLAで催された「天体戦士サンレッド」大会に行く。
深夜0時から朝5時までという夜通しのイベントなので、
その前に腹ごしらえというか前夜祭というか、
僕を誘ってくれた友人たちと溝の口で待ち合わせて、
作品にも登場する「二の鉄」でモツ焼きを食べる。
http://www.tamai-group.com/ninotetsu.htm
同じイベントに行くのであろう同好の士がそこここにいるのが判る。
通された二階で、安くて多くて美味しいという三拍子に舌鼓をうっていると、
背中側の団体さんから聞き覚えのある声が。
なんと、サンレッドのスタッフ&キャストの宴会でありました。
斧アツシさんを始めとした役者さん、監督さんや主題歌のMANZOさんまでズラリ。
なかでも一番驚いたのは
「ギョウ」役の人は、同席の友人や僕と顔見知りだったことが
今更ながら発覚。
(コミケなどで村田蓮爾ちゃんのブースにいたのね)
「シクヨロ~」と再会に握手などしたりして。
御一行はそのあと川崎へ向かい。
僕らはOPに出てくるショットバーへ河岸を換える。
そろそろ川崎へと思ったら
南武線は今日も黄色、イエローとばかりに人身でストップ。
タクシーで向かいましたわよ。
開場を30分早めたという劇場はすでに大賑わい。
Tシャツなども早々に売り切れ状態という盛況ぶり。
イベントも上映あり、スタッフ・キャストの登壇あり、歌のステージあり、
笑いと手拍子と熱狂に包まれての一夜。
閉会後にはスタッフ・キャストの皆様のハイタッチでの御見送りまで。
実に幸せな作品のイベントでありました。
「二の鉄」からご一緒した方ともすっかり打ち解けて、
また会いましょうということで川崎の朝は明けた。

ま、その他の日はもっぱら仕事をしているわけで、
いくつか僕の作品のお知らせ。

すでに4月15日に発売済みの
徳間ノベルズEdge「三千世界の星空4・ボクラノミライ」。
http://xurl.jp/ln9b
吉野匠さんの小説のカバーと挿画を担当した4冊目にして完結編。
吉野さんの作風って、時に容赦なくキャラを痛めつけるんだけど、
不思議に温度の低いながらも柔らかいシーンがあって、
それが遠浅の海のように居心地が良かったりする。
そんな幕引きに読者としては納得。
やっと挿画のコツが掴めてきたところだったので、自分としてはちょっと残念。
僕は挿画は作品ごとに合わせて構成や描法を変えるので
別の作品ではまた1から始めるのに近くなっちゃうのだけれど、
でも今回掴んだ方法論は今後も活かせそう。
さておき、自分の絵は作品に貢献できていたのかな。
それが一番気がかり。

4月30日にスタート予定、
YOMBANでの田辺青蛙女史の孤島ホラー小説なのかな?
「烏人島(あじんとう)」の扉絵を担当。
http://www.yomban.jp/
webは毎月更新で1年位の連載予定。
松田未来さんがこちらで連載漫画を掲載していたりと、
友人知人も大勢執筆しているので、ぜひご覧アレ。
特に編集部から指示はなかったけれど、
小説の作風から、漫画絵というより
いささかリアルよりのタッチで描いてみた。
お話の中身そのままの絵というより、
そこからのイメージで構成していこうと思っていて、
毎回どこかに自然物を配していく予定でいる。
(第2話に海亀を描いたら、亀好きの青蛙女史に喜ばれた)

4月29日のCOMIC☆1には参加しないけれど
友人の同人誌に寄稿をした。
アニメ「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」が今回のお題。
裏テーマは戦車だったんだけど、
気がついたら多脚戦車の資料がなかったのよね。
キャラばかりの絵を描いてしまった。とほほ。
今回は漫画のネタを考えてあったのだけど
力足らずでイラストに。
唇だけで吹ける起床ラッパに、リオ先輩はなぜシリンダーを使ったのか!
というテーマを
フィリシアさんの寝姿と共に掘り下げようと思っていたのだけど残念。
サークル名は「日本晴」。

5月4日のCOMITIA92では
サークル参加はしていないのだけれど、顔を出そうと思っている。
この先の仕事の関係もあって勉強というか刺激も受けたいので。
お馴染み野上武志さんの「蒼海の世紀」にはイラストを1枚寄稿。
日本酒の瓶をたくさん描いたけど、
考えてみると今まで一升瓶て描いたことなかったので勉強になった。
ブースは「ヘ52a」。
そして笹井一個さんのところで
「東京都青少年健全育成条例改正案」の本を出そうというので
8頁も寄稿してしまった。
先日、ヒアリングに伺った都議・吉田康一郎氏の話を中心に
僕の考えなどをまとめたもの。
これまでの日記で書いた文章なども用いながら、
条例の問題への周知パンフみたいなゆるいモノという企画趣旨に沿うように、
書いてみたつもりだったんだけど、結局、重くなっちゃった。
これが僕の作風だからと笹井さんに慰められたりして。(泣)
こちらのブースはO09b。

あとは仕事している予定。
GW中にちょっとくらいはお酒のみたいなぁ。

|

« 僕らのために戦ってくれている人がいる | トップページ | 物語の外へ[1]吉田康一郎都議への訪問より »