« テロとゴロ | トップページ | 近頃なにをしてるかというと »

2010年4月24日 (土)

僕らのために戦ってくれている人がいる

僕らとは漫画家に限らない。
漫画を好きでいてくれる人、楽しんでくれる人そうした人、みんなのこと。
ヒーローものの漫画みたいな題だけど、
実際は本当に衆目を浴びることなんてなく、
それでも信じることにひたむきに熱意を傾けている人がいるのだ。

昨夕は単行本作業の手を休めて、環望ちゃんたちと
吉田康一郎 都議会議員の事務所へお邪魔してきた。
http://k-yoshida.jp/
「東京都青少年健全育成条例」改正案について、その事情を聴くためだ。
僕らはどうにもすっかり出不精の耳年魔で、
あれこれネット上の噂や情報とおぼしきものに振りまわされて、
現場の本当の事情に直接アクセスすることが出来ないでいる。
反対の発信をする識者の発言が気に入らないと、
座敷の奥から顔も見せずに罵倒ばかりしてしまう。
本当に大切なものを守るために、僕らが動くべき矛先を間違えて
しかも、何をすればいいのか判らずにいる。
その虚しさに道筋をつけられないものか思い悩む中で、
今回の規制に反対の旗頭として活動していた吉田議員との
面談の機会を得て、中野まで出かけていった。

今回のこの異様な規制の動きとは
いったいどんな事情が絡んで動いているものなのか。
噂として流れているものの真相は何か。
議会はどんな動きをしているのか。
議員はどんな姿を描いているのか。
その中で僕らは何をするべきなのか

吉田都議は2期目の議員として若手をまとめながら奔走をして、
「継続審議」までこぎつけるに到ったその経緯を話しながら
目頭を押さえていた。
議員の言葉を聴きながら、
民主党という今や批判と失望の対象になりがちな場にありながら
その場を精一杯に使って
僕らと気持ちを同じくする「大切なもの」を守ろうとして戦ってくれている人が
ここにいるのだと感じた。
生臭い話も語ってくれた。
それだけ本気なのだ。
編集者時代に、地方議員の取材をする連載記事を担当していたけれど、
この愚直さが政治の基本なのだと
あのころの感覚が蘇る想いがした。

今、東京のみならず京都、大阪など
青少年健全育成の美名の下に規制の網をかけようという動きは
狡猾に蠢いている。
東京都議会の解答が全国の動向を左右するのは明らかだ。
まだ何も終わっていない。
いやこれからが正念場なのだ。
一時のほとぼりが冷めたなかでも、
不断の熱意と努力で戦ってくれている人を忘れてはいけない。
僕らはそれを胸に気持ちを形にしていかないといけない。
主戦場は議場だ。僕らの行動は議員へ意思を届けること。
反対を唱える議員だけではない。
規制賛成の立場の議員にも、罵倒や非難ではなく、
大切なものへの想いを伝えていかないといけないと改めて諭された。

今回の詳報は、多分まず
5/4有明で催されるCOMITIA92での笹井一個さんの新刊で記し(O09b ガソリン)、
それとほぼ同時期にその文面を少ししつらえ直して自分のblogでも発表できればと思う。
笹井さんの新刊はコピーを手製本するとのことで、
自分の仕事に押され気味の僕のスケジュールで
ありがたくもなんとか参加して実現するという感じ。
僕以外の方の視点でも
この問題について語られるであろうから、
COMITIAに出向かれる機会があれば、ぜひお手にとっていただければと願う。

|

« テロとゴロ | トップページ | 近頃なにをしてるかというと »