« 夏コミの入稿完了ー。 | トップページ | コミケットお疲れ様でした。 »

2010年8月12日 (木)

夏の近況

ということで、この8月のお仕事など諸々。
コミケット78は前の日記にも示したように、新刊が出ます。
15日(日曜日)西館「に-15b」むらかわみちお党 にて。
基本的には地味なサークルですので、
雑誌に連載を持っていようと、あちこちの媒体でそれなりに忙しく絵を描こうと
人気もなく静かにしておりますので、(読みは「ひとけ」でも「にんき」でも可)
お目当てのサークルさんのお買い物など済ませられましたら、
覗きに来ていただければ幸甚です。

8月早々にフラッパー編集部に連載の掲載号について相談しましたら、
種々の事情を鑑みて10月発売号からという流れになり、
9月の本には載りません。すみません。
なんか休みがちだと、漫画を描く身体のリズムも崩れるし、
読者の方も忘れてしまわれるので、少々焦りつつ、
他の細かな仕事をここぞとばかりにこなしております。
夏コミ前ですから、お友達の同人誌にもあれこれ寄稿したり、
出版社でのお仕事ももちろんです。
それらを少々近況として紹介します。

まず、目前の夏コミですが、
13日(金):「日本晴」(サークル位置は不明)『神のみぞ知るセカイ』本で3p漫画なぞ。
14日(土):「Wreath of Laurel」(東 T-11a)『Cyborg009』本でイラスト。
15日(日):「Team“Firebird"」(東 L-14b)新刊のエディトリアルデザイン、絵は描いてない。
同    :「環屋」(東 G-38a)『ダンス・イン・ザ・ヴァンパイアバンド』本で姫様のイラスト。
というところに寄せています。

あとは
角川書店から9月25日発売予定の
「ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト」にカラーイラストを1枚。
http://www.kadokawa.co.jp/comic/bk_detail.php?pcd=201005000512
戦艦大和の艦橋を久々にこってりと描きました。
野上武志さんの「月の海のるあ」でアシストしたときに一度描いたことがあるとはいえ、
戦艦大和の艦橋背面、しかも煙突との間からの正面仰角ってのは、写真はもちろん存在しないし、
模型でもカメラが入らない狭い部分なので、もう完全に脳内再構成して描くことなる上に、
今回、図像が大きいので、かなり難儀しました。
(しかも人物で隠れる部分までシンメトリをとるため描いちゃった)
しかし、この艦橋の背面、珍しい絵といえばそうなんですが、
つまりは誰もあまり意識して見たことのない絵なので、
言われなければ大和だって判らないってことが、
もしかしたら苦労に比して意味なかったんじゃないかなー!っと
描いてから考え込んだりするばかり。
僕は戦艦大和より、圧倒的に宇宙戦艦ヤマトを描くことの多い人なのだけれど、
描いてみて思うのは、ヤマトのフォルムやデザインは
実に大和を上手く消化して処理してあるなぁということ。
先達は偉大であります。
さておき、このアンソロジーコミックには僕のお友達が多数寄稿していて、
一迅社とかのゲームのアンソロとは濃さが段違いの本になりそうで、
寄稿しておきながら、読むのが楽しみだったり。

他にバンダイビジュアルのweb漫画「YOMBAN」にて
田辺青蛙さんの小説「烏人島(あじんとう)」に扉絵を連作しています。
http://www.yomban.jp/works/ajintou/
7月末には第4話が公開になりましたが、
5話の絵ももう納めました。
このシリーズの絵は、お話の展開に厳密にはリンクさせないで、
モチーフを採りながら、自然物と人物とで絵を構成する方法で描いています。
ただ、荒涼とした無人島が舞台なので、ビジュアルの材料が限られ、
題材探しがけっこう大変だったりします。
全10階の連載予定で、ちょうど半分。
この先の展開を特に知らされてもおらず、都度原稿をいただいて描くので、
もうどのアイテムが鍵になるのか、読者と同じように判らないから、
毎回ホントに思わせ振りな絵にしてます。

で、あとはお盆明けまでに
「働くおじさん」シリーズとか銘打ってますけれど、
業界誌の表紙画を描きあげる予定。
今回は神戸に取材に行った、新幹線工場の絵。
機関誌なので書店売りはしない本なので、
この絵はおいおいwebにて公開していきます。

そしてお盆が明けたら、
フラッパー編集部と『虚数霊』の今後の展開の打ち合わせなので、
プロットを練っておかないと。
連載がお休みとはいえ、夏休みはありません。

|

« 夏コミの入稿完了ー。 | トップページ | コミケットお疲れ様でした。 »