« 渋沢栄一とかダメ酒とか | トップページ | 半袖ですごす »

2010年9月22日 (水)

ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト

以前の日記「夏の近況」で触れた、
角川書店での久々の仕事、
『ストライクウィッチーズ 公式コミックアラカルト』がもう本屋に並んでいるみたい。
仕事の合間に、届いた献本を眺めたりすると、なかなかに感慨深い。

そもそもSWの文芸や考証を担当されている鈴木貴昭さんと、
数年前に野上武志さんを通じてお友達なった縁もあって、
SW1期のDVDブックレットを彼が書いている時に、
図版の作画をお助けしたのが、SWとのかかわりの最初。
限定版4巻特典に納められた図版は「勲章」と称した「ズボン」のバリエーションで、
鈴木さんの申し送りを受けながら、僕の方でデザインをまとめた感じ。
それが2期7話でミーナ隊長に授与されるとは思ってなかったから、
TVを見てビックリだった。

今度のアンソロジーコミックも、
誰か良い作家さんいないかなという鈴木さんの声に、
SWが好きそうな、またはSWの世界観に合いそうなお友達を
推挙したのが始まり。
井上純弌っちやあびゅうきょ先生は僕から打診したし、
他の数人は鈴木さんもすでに意識していたみたいで、
出来上がった本は、なんだかベテラン勢は皆んな顔なじみだった。(笑)
(というか、野上さん竹光さんの原稿はアシスタントまでしてる)
特にあびゅうきょ先生は、やっぱり流石な原稿で、
版型が小さいのが残念な位。
あびゅうきょ先生の寄稿が叶って、鈴木さんも大変喜んでいたけれど、
ミリタリーと美少女は先生の真骨頂。
僕らの敬愛する先生の絵の魅力がSWのファンに届くといいなと思っている。
で、僕はミリタリーは得意じゃないし、
(野上さんのアシで戦艦も戦車も銃も描いたけど)
この本へのお手伝いは無理かなと思っていたところ、
鈴木さんから、イラストの頁があるのでと逆に誘っていただいた。恐縮。
丁寧な仕事を心がけたつもり。

角川はコミカライズだとか版権モノの漫画はあまり良い評判がない。
作品というより、バックヤードの事情。これは事実。
今回も予算建てや執筆条件など難しい問題が多かった。
それをTV放映の最中にもかかわらず
鈴木さんがまるで作家の抗弁をしてくれたかのように粘り強く交渉し、
条件を整えてくれた。
アニメの制作に自分の懐からの持ち出しもあると聞く。
それはある意味で問題が残るのだけれど、
彼は何か過重な見返りや権利を求めたりもしないし、作品を押し広げようと努めているだけ。
その熱意や愛情は疑いようもない。
今回も本を手にとりながら、彼のその誠意に触れている感じがする。

|

« 渋沢栄一とかダメ酒とか | トップページ | 半袖ですごす »