« チキチキマシンと金ピカ狼とそして | トップページ | 東京都青少年保護育成条例改正案-2010冬 »

2010年11月16日 (火)

惜別

14日の午前に春日ひろさんが亡くなった。
その日、僕は茶道の茶会を催していて、休憩なしで5時間以上ぶっ続けの濃茶席を切り盛りしている最中に
友人から着信履歴が残っていたので、なんだろうと思っていたのだけれど、
帰宅して訃報を知った。
ガンの闘病を続けていた彼女の作品総集的な本を作ろうと、有志で動いていた話は
以前の日記で触れたことがあるけれど、
11月14日発刊という当初日程を遅らせてでも春日さんの意向を最大限叶えようという方針で、
病床での監修ももらいながら、その編集も佳境にきていただけに
当初予定の14日に亡くなられてしまったのは悔しい。
本人に本を届けられなかったのは残念で悲しい。
本の完成までは頑張ろうと言っていてくれたのに。
でもちゃんと本は作るから、安心して眠ってほしい。
彼女はとても頑張ったと思う。
心残りや悔しさはあろうけれど、ちゃんと生きた。それを僕らは忘れないから。

で、お茶会の疲れと、訃報の落胆で、夜はもう仕事はすまいと、
ワインの栓を抜いて、取って置きのブルーチーズをいただきながら、静かに時間をすごした。

葬儀は明日だそうだ。

|

« チキチキマシンと金ピカ狼とそして | トップページ | 東京都青少年保護育成条例改正案-2010冬 »