« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月23日 (日)

蓮 その1

蓮についてはまたきっといずれ記す機会があると思うのでその1。
多分、他人様に比してそんなにこだわりがあるわけではないのだけれど、
でも好きな花。

起き抜けに冷めたお茶を飲みながら目をやったTVには蓮があった。
眼前の仕事は山積しているのだけれど、眼が離せない。
この先の仕事に関係するモチーフだからと、急く自分の心をなだめて、番組に集中する。
NHK教育の「新日曜美術館」。
仕事が積んでいなければ、欠かさない数少ないTVのプログラム。
今朝は日本画家・小泉淳作が描いた東大寺本坊襖絵の完成記念展示会にちなんだ企画で、
5年を要した40面の障壁画の制作過程を中心にその作品を伝えるもの。

201011_01_33_d0037233_11222375

絵自体は日本画と言う枠の中に内省的に収斂されたものだけれど、
その内省の過程が、ここまで雄々しく生々しい精神ベクトルをもって臨んでいる様は
まさにレポートとしてのこの番組でなければ
凡庸な僕には気がつかないもの。
米寿も近い老画家から紡ぎだされる、
描くという向き合い方からの世界に存在する事物へのまなざしは
示唆にあふれ、かつ深く肯けるものばかりだった。

1面に収まる蓮の花々に移ろう時間と重ねて、
蕾からハチノスになっていく中でどの瞬間も艶と生き様を描きこむ。
絵への落とし込みで省略はしてしまうけれどと、
省略には心が必要と桜花の端正なデッサンを試みて自分の中に生きる形を刻む姿。
連なる山並に神威にも近い無意のデザイン性を見出す即興性。
そして何より、納得を高めていくために物怖じしない作品への厳しい姿勢。

絵は○○の描き方なんて型で出来上がるものじゃない。
ほんとうの物とその魂に自分の心で触れないとだめなんだ。
そんな当たり前のことを、当たり前にしていかないと。
家にこもってばかりの自分は今ちょっと落第だな。
昔に旅先で沢山描いたスケッチや、沢山感じた音や匂いや色や光の
おすそ分けでやっと立っている感じだ。

東京圏での公開はもう昨年秋に済んでしまっていて、
今は関西へとその展示場所を移してしまっているので、
おそらく実物を見る機会はないと思うけれど、この作品と作者を知って良かった。
自分がこの先に向かい合う蓮を描くということと、
漫画ではあっても絵を生業にしているということの中で、
忘れずにいたい。

D0037233_11233175

番組は1月30日20時から、NHK教育で再放送の予定。

|

2011年1月21日 (金)

気持ちの悪さには解答がある

原稿はネームをいじっている段階。
少々詰め込みすぎで、誌面に余裕がなく見えるけれど、
僕のような会話の多い漫画は、大ゴマでそれをやったらスカスカになってしまうから、
そのバランスが難しい。
「間」のような「空気感」のようなものを描きたいけれど、それも難しい。
与えられたボリューム。わざとらしさ、恣意との境界にある感覚。ふたつのせめぎあい。
漫画は難しい。

数日前、仕事の小休止でTVを点けたら、
映ったNHK教育にサヘル=ローズが出ていた。
彼女を知ったのはJ-WAVEの朝の番組で中継レポーターとして
流暢な日本語と綺麗な声で、しかも元気いっぱいに情報を伝えている頃で、
容姿は随分あとになってから見ることになった。
ガンダムのシャアが大好きとか公言するキャラで売ってはいるけれど、
ラジオ番組の改編で彼女の降板も近くなった頃だった。
彼女は母国イランでの戦争で全滅した村のたった一人の生き残りであることを
いつもとは違う厳かな口調で語った。
それを話したのはレポートのテーマが戦争を扱うものであったからで、
その企画がどんな趣旨に基づくものかは知らないけれど、
彼女自身の体験は意図するものではないし、
以来、彼女の明るい言動に触れる機会があっても、
その奥に抱えた悲しみを意識して見る様になった。
僕の点けたNHKの番組は「Q~わたしの思考探究
という番組らしく、その日のテーマは「なぜ戦争はなくならないのか」。
前半は見逃しているので、前振りや脈絡は見えないけれど、
サヘルと、国連で紛争処理を務めた伊勢崎賢治・東京外語大教授との対話から、
戦争へと人を突き動かすもの、心の定理みたいなものが
ドロリと感じられてとても印象深かった。
戦争についてNHKでは別枠の特番「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」で
その外骨格みたいなものに触れているけれど、
人の心の側面から蝕むその視点として、番組が相補している感じがする。

番組中、とりわけ心に残ったのは問いかけるように向けられる10のセンテンス。
 ①われわれは戦争をしたくはない
 ②しかし敵側が一方的に戦争を望んだ
 ③敵の指導者は悪魔のような人間だ
 ④われわれは領土や覇権のためでなく、偉大な使命のために戦う
 ⑤われわれは誤って犠牲を出すことがある、だが敵はわざと残虐な行為に及んでいる
 ⑥われわれの大義は神聖なものである
 ⑦敵は卑劣な兵器や戦略を用いている
 ⑧芸術家や知識人も正義の戦いを支持している
 ⑨われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大
 ⑩この正義に疑問を投げかける者は、裏切り者かスパイである

順序だって、時に甘く、時に強く語りかけてくる言葉は
第1次世界大戦でイギリスが行った国策のプロパガンダを
同じイギリスの政治家アーサー=ポンソンビーが分析・集約したもの。
「戦争遂行のためのプロパガンダ」と呼ばれる。
歴史学者によって後の戦争も扮装もこれに符合することが指摘されている。
戦争体験から強い恐怖と嫌悪を抱くサヘルでさえ、
心を揺るがす言葉が散りばめられていることからも、
その気持ちの悪い強さに恐れを抱く。

僕は同質の気持ちの悪さをこの数年ずっと感じていた。
それも特にこの1年程度の間には強まっている。
別に戦争とか右傾化とかを意識しているのではない。
そういう外骨格ではなくて、心の問題。
例えば「牛の口蹄疫対策」「領土問題」「都青少年健全育成条例改正」など
政権や都政などへの私怨に転化されたがのごとき批判と相まって、
突き動かされていく感情の昂ぶりと言動の数々だ。
そのどれもがこの10の短い言葉に重なってくる。
それらの言葉や行動に疑問や異議を唱えようものなら、
カチンときた、気に入らない奴、裏切り者、卑怯者と誹られる様を
本当に多く見てきた。
正義と信じるものが強く一つに念ぜられることの恐ろしさ。
狂気と背中合わせのその構図。
情報の信憑性への最低限の確認すらせぬまま
自分の都合の良いネタだけを吹聴し、友人知人を煽動し、利用する。
誤りや疑問があっても認めず、また訂正も行わない。
「目的のために手段を選ばない」その姿は
悪の秘密結社の世界制服とどこが違うのか。
「ダイヤモンドアイ」で前世魔人が発した「これが悪の正義なのだ!」
という言葉が子供の頃から僕の頭の中に廻り続けているけれど、
まさにこれと重なる。
善意が悪になる瞬間だ。
なんとおぞましく、気持ちの悪いことか。
人はこの気持ちの悪さへの解答を、とうに有していながら、
でも忘れる、でも動かされるのだ。
かく言う僕も「都条例」の一件では正しいという感覚に支配されて
危険な視線を持ってしまった時期があった。
それは幸い、仲間の忠告で我にかえることができたけれど、
自戒をこめてここに書いておこうと思う。
自分を疑うことを忘れてはいけない。

この番組の再放送は
明日、1月22日午前10:30~11:00、NHK教育にてあるで、興味があればどうぞ。

|

2011年1月15日 (土)

もうひとおし

僕はもっぱらJAZZの人であるけれど、
ヘビーメタルと演歌とストリート系を除けば、
けっこう何でも聴いている。
野上武志さんのところでお手伝いをするときは
家の棚から一掴みでCDを持参してかけるけれど、
ジャンルが見事にばらけているのを珍しがられたりする。
というかJAZZは聴きなれない人には
難解とか退屈な音楽になってしまうのは、
社長をやっているときに事務所でJAZZを流していて、大不評だったので痛感しており
(工場でNACK5とか泥臭い局は平気で聴いてるのにJAZZはダメみたい)
自重しているのはある。
前述したように演歌を除けば日本の歌謡曲やPOPSは
ラジオなどでかかる限りは耳にしている。
ただロックと称して、旋律がベタベタの演歌・歌謡曲のそれだったりするのは
洋食のつもりが食べたらヌカ味噌臭いような感じで気持ち悪い。
最初からヌカ漬けですって言えばいいのに。
なんかそういう中途半端なアカヌケナイ、格好だけの曲とか
印象的な旋律を単に反復するだけで展開しなかったり、
節回しがジャンルとして定型化したような保守的なのはダメかな。
高校のクラスメートで今はJAZZミュージシャン・コンポーザーの
松井秋彦とやりとりしたりすると、
音楽で食べていくのは本当に大変なことだと思い知る。
彼はアメリカの名門・バークリー音楽院在学中から色々な賞もとってきた人だけれど、
そんな学芸会と化したお遊戯と保守性が市場に支配的で
かつ利権と怠惰に満ちたシステムに閉塞した日本の音楽業界には
随分と胸を痛めている。
以前に聞いた音楽で純粋に生計を立てている人口は数千に過ぎず、
まぁ余程、漫画やグラフィックな業界の方が門戸が広い。
それほど厳しい世界なんだと思う。
漫画や音楽は贅沢産業に見られることがある。
生活が厳しく、経済が低迷するときに、それはさほど必要ではない。
だから今の時代は厳しいのだと。
でもそうなのかな。
僕は苦しい時悲しい時や、とりとめのない作業をするとき鼻歌をよく唄う。
黒人音楽と呼ばれるものの多くが、奴隷時代のワークソング(労働歌)が
起源になっている。
また物語も商業ベースとは関係なく、人の歴史とともに編まれ、
人の心に求められ今に到っている。
音楽やお話は苦しいときこそ多分必要なものなんだと思う。
長くいとおしまれ人生の伴侶たるものになりえるんだと思う。

僕の友人にもう一人、
音楽の世界で生きていこうとしている人がいる。
Sharh_SYO-ZYUさんだ。
http://syo-zyu.sakura.ne.jp/pc/
http://www.myspace.com/syozyu
皆河有伽を通じて知り合った人だけれど、
歌にギターに日々練習を重ね、
ライブを年に何本も経験し、自分の音楽っていうものを
正面からきちんと向かい合っている姿は
若いのに真摯だなぁと思って見てきた。
僕にとっての音楽は「音」を中心としたものなのだけれど、
80年代終わりからのミュージッククリップの存在もあって
彼の音楽の表現にはビジュアルとしての要素が
並行して大きな位置を持っている。
僕は絵とかデザインの畑であるし、
彼のそうした活動の中で、ビジュアルのデザインに関して
お手伝いをする機会をえて以来、縁がある。
だけど、彼が真面目に取り組めば取り組むほど
もちろん自分の限界を知ったりするし、押し広げる努力も要る。
また、松井と同じように音楽業界の閉塞に
絶望しそうにもなって思い悩んでいたのも知っている。
その彼が来週、1月19日水曜にデビューシングルを発売する。
とても嬉しく、応援したいと思っている。

タイトルは「Vampire Princess
(品番 : SSZP-0001/流通 : ダイキサウンド)
http://www.amazon.co.jp/dp/B004D2WWCK
実は環望ちゃんの作品「ダンス・イン・ザ・ヴァンパイアバンド」の
公式(編集部も作者も公認)のトリビュートソングになっている。
価格は1575円。
マキシシングルCDなんだけど少しお高いのは、
トールサイズデジパック仕様で、中に20Pブックレット写真集が入っているから。
写真集は皆河有伽の発案らしいんだけれど、
音楽評論家の渋谷陽一がラジオで語ってた、
MP3のDL販売が隆盛のように語られる欧州の音楽市場で、
CDという物理パッケージをむこうのミュージシャンが
どう売ろうと努力しているのかという現状の方法論と
それがまったく同じ理念に基づいているのに
ゆかにゃんの思索の的確さを感じた。
日本はCDに付録かオマケ的な発想で
販促グッズや特典をつけているけれど、
欧州では写真集やブックレットによるメッセージで
自分の世界観を包括したパッケージとしての表現に踏み込み、
アイテムとしてのCDの存在と付加価値を増しているそうだ。
日本でもメジャーレーベルでそうしたアプローチに近いものはこれまでもあったけれど、
インディーズはとかくそうした発想と感性、作りこみのノウハウが不足しているから、
かなり画期的な1枚になると思う。

ちなみに衣装のデザインは時代みつるさん。
彼のwebではデザイン画が公開されている。http://tokishiro.sblo.jp/
パッケージのデザイン協力は僕。
表1と中の表2-3を担当した感じ。
撮影済みの素材の選別からイメージ画像の作成、
使用フォントの方向性などまでしてレイアウト、
CGを担当した皆河有伽や、フィニッシュ作業のデザイナーさんへ渡した。
(実際のジャケットはリンクを辿ってみてね)

自分の原稿にかまけていて
なかなか周知に協力できなかったのだけれど、
発売まであと数日、もう一押しして、弾みと力をつけたいので、
もし気になった方がいらしたら、手にとってくださればありがたいです。
なんか、発売初日に買うなら
タワーレコードが集計的に有利だそうで、
お近くにあるなら、そこでお願いします。

そして遅まきながら、発売おめでとう。
どんな成功も意志を持った人がいて始まるものだから。

Test2b

上掲の画像は僕が以前に作ったSarah_SYO-ZYUさんの宣伝用ビジュアル。
アール・ヌーヴォの雰囲気が欲しいとのことで
彼の写真やギター、ユリの花など全部僕が輪郭やタッチなど描いている。
フレームも僕の絵。
このビジュアルは今も彼のFacebookの背景に使用していただいている。

|

2011年1月13日 (木)

七転八倒なれど脱稿

昨夕、なんとかかんとか短編漫画を脱稿。ふぅ。
年末からかかって、正月なしになってしまった仕事が済んだ。
「ストライクウィッチーズ コミックアラカルト2」は2月下旬発売。

〆切日の朝、前の夜のうちに線画も総て出来あがって、
本格的なトーン作業に入るべく、アシスタントさんをいつもより1時間早く呼んで、
メイン、サブのPCを立ち上げて、その到着を待つばかりという時だった。
突然、家の電源が落ちる。
はて?ブレーカーが落ちるような電気の使い方はしていないのになと、
居間のサブPCを立ち上げなおして、自室のメインマシンの電源ボタンを押したら、
亡くなっていた。
昨夜まで(というか4時間前)あんなに元気だったのにっと
DELLのFAQが推奨する復帰の方法を複数試したが、冷たくなったPCは微動だにしない。
サポートに電話をかけて待つこと30分、やっと繋がった電話の相手は
「保障期間中ですし、回収修理いたしまーす」と明るく耳元で告げてくれた。
「明日、佐川便で伺いますけど、よろしいですかぁ」
あ~、明日は大丈夫ですよ、今日が〆切でダメなだけで。はははは。
(でもDELLのサポートは経験的にけっこう助かってる)
電話の呼び出し待ちの間に到着したアシさんが心配そうな顔をしているし、
今日の作業はマシン2台で夕方に完成という工程で組んであったから、
このままでは完成なんてできないって状況になっているのは判る。
この時点で朝の9時30分。
そこでぐるっと頭の中を一周見回して、
僕のデジタル漫画の師匠に電話をかける。
「たすけて、ドラえもん!」っと開口一番発した相手は野上武志さん。
彼の連載原稿の日程的には、月半ばはスタジオでPCを扱う作業は少ないはずなので、
「虚数霊」のフィニッシュで時折しているように
お借りできないか相談してみる。
野上さんのスタジオは乗継ぎが上手くいけば、ドアトゥドアで30数分で行ける距離。
作業する時間確保からロスが一番少ないし、僕自身が作業環境に慣れている。
そんな僕の勝手なお願いに、野上さんは快諾をしてくれる。

漫画を描くときいつもそうだけど、
今回ことさらに思ったのは、一人でこつこつ描いている様でいて、
実は多くの人の気持ちに支えられ、助けられていること。
作品を創るって、孤独で、身も心も削るようだし、
時折無神経にそういう心に追い討ちをかけるような事象もある。(風邪とかもね)
でも仲間の力添えに救われる。
凹みそうになる僕を心配して励ましや導きの電話やメールをくれた友人や読者さんの存在。
野上さんは今回の緊急のヘルプだけでなく、予め、SWの資料を貸してくれた。
長谷川竹光さんは、僕のネームに描かれたパースに合わせ、
自作の戦艦大和の3Dモデリングデータを参考にと送ってくれた。
深夜作業のフィニッシュの突然の依頼を引き受けてくれた海産物さん。
PC昇天のドタバタでも粛々と質の高い作業をこなしてくれた アシさん。
そういう厚意から僕の漫画はできている。
以前にも触れたけれど、ストライクウィッチーズは
考証や脚本に関っている友人の鈴木貴昭さんがとても大切にしている作品だ。
大勢の人が関るのがアニメだから、必ずしも彼の思惑通りではないことや物はあるんだろうけれど、
それでも身を削って作品を大きく育てようと愛情を注いでいるし、
そういう想いに、友人としては力添えがしたいと思う。
僕のできることは漫画しかないのだけれど、
漫画を描くときに支えてくれる皆んなの厚意に応える方法の一つとして、
漫画に関る何かで、創り手である誰かの気持ちを同じように想って上げたい。
「なんで、むらかわみちおがストパンなの?」って印象の人もきっと読者にはいると思うけど、
キャラの誰が好きとかパンツとかミリタリとかの前に
理由はそんなところにある。

野上さんのスタジオに到着する直前に
角川の編集部に状況を電話で説明する。
「はぁそうですか」といういささか緊張感のない対応を受けつつ、
連絡はメールなどではなく、携帯電話あてにということや
野上さんのメールアドレスからデータ入稿することになろうことを説明する。
到着後に作業を始め、
当初の入稿予定の18時を越えても編集部からの電話はなし。
こちらは1時間少々遅れて完成。
PCトラブルのロス時間が加算された感じ。
データを仕立てて、野上さんからメールで送信してもらっている間に、
お待たせした詫びと、データの確認をお願いしようと編集部に電話をしたら、
「担当はでかけています」だって。
そのあと自分の仕事を終えた野上さんたちと、遅まきながらの新年会を催したのだけれど、
担当編集者から落手の電話はとうとう無かった。
今回の仕事は編集者と一緒に仕事をしているという感覚が一番なかったな…。

「虚数霊」の連載はいよいよ大詰めなんだけれど、
まだ何にもしてない。
ぼやーっとしたイメージを取りまとめると
やけに沈静したお話になってしまうので、
そこをひねるポイントを模索している。
時間は刻々と過ぎているけれど、今日は休みをとろうと思う。
せめて年賀状をなんとかしたいんだ。
あ、でも賀状のイラストは壊れたPCに…。

|

2011年1月 1日 (土)

新年あけましておめでとうございます。

11

自分としてはいつもとさして変わりない朝を静かに向かえ、
今日も机に向かって絵の仕事をする予定です。

起きぬけにつけたTVは春日大社の祭事の記録で、
正月にしかやらない、こういう静かな記録番組は心からありがたいものなのだけれど、
他は意味不明の大騒ぎで、例によって強制される笑いは不愉快の極みだから
Pat=Methnyの「Secret Story」や「As Falls Wichita,So falls Wichita Falls」
というアルバムを聴きながら
年賀状に付す絵の彩色を済ませたところです。
パットの曲は疾走感と空間的な奥行きと広さがあって、
これからの期待と可能性をかかえた1年のスタートに、
自分には相応しい印象があって聴きたくなります。
とりわけのお気に入りは、後者のアルバムに収録の「It's for you」。
盟友Lyle=Maysのキーボードとの競演に絡んでくる
Nana=Vasconcelosの地母神のような深い声は
曲の世界を押し広げる感じがして好き。

LIVE音源とかでよいのがなかったので。

昨日は冬コミでビッグサイトへ。
新刊は出せなかったけれど、多くの人に会えてよかった。
漫画家の仲間もそうだし、
大学時代の悪友も次々と顔を見せて悪態をつき合い、
ヤマト好きな人や、僕の作品が好きな人もきてくれて楽しかった。
なかでも、僕の作品が好きだという女の子が涙ぐんでしまうのは、
そういうことは不慣れでとてもびっくりしたけれど、同じくらい嬉しかった。
誰かに読んで貰えているというのを感じられるのは、
感謝とともに身が引き締まる気がします。
(ちょっとまた肥り気味だけど)
「虚数霊」はこれから描くお話で一応の最終回で、
まだ、詳細は決めていないっていう調子ではありますが、
もらった気持ちでやりぬきます。

今年はその意味では連載が終わって、
新しい取り組みをしないといけない1年になろうと思う。
言ってみれば、これまでは旧作を引きずってその恩恵に与っていたわけで、
これからが漫画家としての資質を問われてくるものになる。
友人達からも、「新作」を早く読ませろとは以前から言われていて、
編集部も本当はそれも期待しているのかもしれない。
それを今年はいよいよ向き合うことになるんだなと感じています。
仲間がいて、喜んでくれる人、楽しみにしてくれる人がいて、
そして僕に語りたい気持ちや空気感があるなら
勇気をもって臨めると思う。
七転八倒は変わらないと思いますけれど、
頑張ってまいりますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

そうえば、年末は仕事やアレコレと雑事に追われて、
お正月の準備をしていなかったから、
冷蔵庫にはお雑煮を作る食材もない。
今日はまだ何も食べてない。(おなかすいたー)
ありあわせで何かこしらえて遅い朝食兼昼食をとろうと思う。
午後からはそしてストライクウィッチーズのネームをきり始めます。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »