« 都知事選にからむ昨夜のラジオを聴いて | トップページ | アニメとか漫画とか »

2011年2月21日 (月)

ストライクウィッチーズのお仕事

今日の仕事を始める前にちと宣伝のようなもの。
「ストライクウィッチーズ公式コミックアラカルト2 ~いっしょにできること~」、
つまり夏にかかわったアンソロジーコミックが
好評なのか、映画までの繋ぎなのか、その両方なのかは分からないけれど
第2弾が発売になる様子。
角川のほうからやっと書影の図像が届いたので、早速にお知らせを。
寄稿されているタマゴルビーさんのwebには早々に画像入りで掲示されていたので、
僕も昨夜落手したもので後追いながら。

Sw

発売は2月26日土曜日となっているけれど(2.26だね)、
最近の角川の販社は刷り上ると早々に流通に流してしまう印象があるので、
今週半ばには入手できるかも。
倉庫代を浮かせようと言うコスト管理の一環かもしれない。
自分の腹が痛まないように放出したけれど、
書店側もストックヤードが大変だから
発売が早まるという事情のように見える。
編集や印刷側の努力があって仕上がりが早いのはあろうけれど、
その数日を執筆するほうに回してもらえればなぁと
思ったりするのはこちらのわがまま。

寄稿の面々は前回から総入れ替えに近いと聴いていたけれど、そうでもなかった。
巻頭のイラストは京極しん、赤賀博隆、N.O-茶々丸の三氏。
京極さんはキャラは定評があるけれど、
背景とかメカとかはまったく興味がないような絵を描かれるので、
どんなものになるか。
赤賀さん、茶々丸さんも楽しみ。
茶々丸さんの絵は、実は僕が寄稿の仲介をした手前、
本人からチラ見させてもらったけれど、
手描きの素晴らしい大作。
漫画に関しては
アガハリ、足が折れた、ABS17、からすやま、くみちょう、黒ゥ、
白浜コータ、たちきヤマト、タマゴルビー、峠比呂、八尋ぽち、
そして僕という構成。
前回寄稿した、あびゅうきょ先生はじめ
野上武志さん、松田未来さん、長谷川竹光さん、岡昌平さんという
僕のお友達の面々が抜けてしまって、
ちゃんとミリタリー成分を踏まえた漫画を描ける人が少ないなーという印象。
(岡昌平は内容的には軍事バランスのお話ですから!)
どうやら、所謂“ネタ”ものでワイワイやる漫画が多かろうということで、
僕だけはどっしりと戦艦を描かせてもらいました。
自分的にはSWはネタとミリタリが両立する努力が
アニメの制作スタッフの努力であり、作品の本筋だと思うので
そこへの敬意も含めて外したくなかったので。
以前も触れたけれど、お話的にはSW2のお話を補完するようなもので、
単体での完結性は実は弱い。
まぁTVを観ていて「あれー?」という部分に違和感がなくなるようにしたもの。
漫画としてウケはしないかもだけれど、
頑張って描いたつもり。
そうそう、今回から参加したお友達の峠たんの漫画は楽しみだなー。
「小ぃサーニャ」も好き。この作品もミリタリのベースが実はしっかりしてる印象。
しかし、そもそも僕はミリタリの人ではないんだけどなぁー。(笑)

好評なら第3弾もありそうとのことだけれど、
もう2回も描いているから、次はお声がかかるやら。
僕はやっぱり今回抜けているお仲間の漫画が読みたいな。

|

« 都知事選にからむ昨夜のラジオを聴いて | トップページ | アニメとか漫画とか »