« ようやっと まど☆マギの感想文 | トップページ | 自由をわれらに »

2011年5月26日 (木)

シャルの絵

Gebageba

ちがーう!

はい、スミマセン!!ちゃんと描きます描きます。
と、この間載せたこの画像。
これもシャルだよ。そうなんだよ。
マミ先輩をマミったと言われる魔女はシャルロッテって名前だから、嘘じゃないよ。
っていうか、僕にはどうしてもこう見えちゃうんだ。
そういう年頃なんだよ。
だからつい合成してみたくなるんだ!
で、こんなコラージュ作っててふと思ったのは
「ゲバゲバ90分」って番組を知らない人は
お友達の中でももう相当数いるかもしれない。
なのでこの木下蓮三さんの手になるゲバゲバおじさんの図像もイメージになかろうし、
マミ先輩のこのシーンに結び付けられるっていう感覚も
あまりピンとこないのかも。

わっはっは。そして今度こそ本物だよ。
シャルルだよ!
ちゃんと描いたよ。
IS(インフィニット・ストラトス)の真のヒロイン、シャルロット=デュノア嬢だぃ!

Charlotte0

ちょっと僕の絵よりはアニメよりになっちゃったのが残念。
こういうお遊びは自分の味が出ないと面白みがない。
自分の個性はウシガエルとの取り合わせくらいかなー。

しかし最近のアニメは鼻の穴を描かないよね。
もう点一つとか鼻ナシだものね。
日本の漫画絵の記号化とはここまでされたのかっって感じをうけるときもある。
例えば鼻峰の影を縦二本の短い線描で表現して鼻とするのもあるけど、
これって記号的了解がないと骸骨の鼻孔に見えるのよね。
なんか素人さんが見たらゾンビのように感じてしまうのではないかな。
耳の形の表現もそうなんだけれど、
リアリティの持つ生物的な一種のグロテスクさに興醒めするから
敬遠するのかなぁ。

閑話休題。
シャルルの良さは、普通に真面目な子なのに、なぜかエロ展開で「はわわ~」ってなりながら
でもツンでもデレでもなくて小ざっぱりとした笑みでそこに居てくれる
居心地の良さでありましょうかね!
嫁に欲しい。
掃除道具みたいな名前の人や中華ルッキーニとかはどうぞ皆さんにお譲りします。

あ、そういえば、中国嫁日記の井上純弌(純一)こと希有馬っちの家を
先日襲いに行って、
初めて女房殿と会ってまいりましたよ。
甲斐甲斐しくて、気のつく、可愛らしい人でありました。
ダンナが結婚前からオイラに言っていたけど、確かにスタイルもよろしい。
ともあれ、一緒にいると元気を貰えそうな人。
彼の中国フィギュア製作レポート漫画に僕が登場したときにあった台詞だけど、
中国を訪れるとどこも皆元気で、自分と未来を信じていて、
行くと元気を貰える。
そんな雰囲気を運んできてくれるお嫁さんでありました。
希有馬っちもなんだかすっかり優しい男になってしまって、
人は変わるものなのね…。

もげろ!

|

« ようやっと まど☆マギの感想文 | トップページ | 自由をわれらに »