« 宇宙戦艦ヤマト2199 | トップページ | 言葉に触れる時間 »

2012年2月29日 (水)

ヤマト抜錨

漫画・宇宙戦艦ヤマト2199の連載第1回が脱稿した。
去年は夏からこっち、ヤマトのアニメの設定をずっとお手伝いしていたので
久々に描いた漫画ゆえ反省点も多い。
自分の能力や稼働性のイメージや思惑と実態のズレから、工程に見誤りも多かった。
それで結果的にスケジュールがおしてしまう。
ネームとして、従来の自分から飛躍が足らず、
もうちょっと魅力的なシーンや構図が欲しいと思う。
アシスタントさんの使い方や作業システムも曖昧さがあった。

これまでの連載経験では
線画の作画は自分一人で背景まで全部こなして1日に4~5Pのペースだったけれど、
今回は前半に戦艦が頻出するため、1日3Pになってしまい、
1週間で7枚の目標進行との誤差が出た。
63Pなら2週間少々でできると踏んでいたが、3週間を費やしてしまう結果に。
友人の漫画家・松田未来さんからは「メカを甘く見ちゃいけない」って散々忠告されていたのに
僕ってバカ。
ネームは今回、頁5コマをMAXの基本に切ったりして
印刷時に縮小されても温度を下げないように努めたのだけど、
構図やテンポとして、今一つ自分の殻を壊しきれなかった。
カサハラテツローさんの「ザッドランナー」を読んでいると、
その構図の発想の柔らかさ、そこに込めるドラマの巧みさが羨ましい。
玉盛さんのレイアウトを見ると空間の広がりとかっこよさが光ってて参っちゃう。
この数年家にこもっての仕事ばかりなので、
何か大きなものを見たり、視点をあれこれ振り増しながら風景を眺めて
大きさや空間の感覚とか更新しないといけないなと思う。
野上武志さんのネームのリズム感もおさらいしたい。
逼迫する進行の中で、
お友達に一部の背景や戦闘機を描いてもらったものの、
リテイクを繰り返したりしても、
イメージの刷り合わせや、相手の作業やアウトプットにつき、僕の理解がなかなか適わず、
結局は殆ど自分で描いたり、ホワイトてんこもりで修正してしまった。
(オイラ何をやってるんだか…)
トーンワークなども今回からご近所様の友人の奥様にお手伝い願っているのだけど、
相手のスキルの把握や指示の与え方の感覚も人によって異なるし、
なにより作業工程と艦橋に関する感覚が違うから
いささか煩雑になり、動揺させてしまった。
有能な人で基本は大助かりであるがゆえ、
違和感や不安を減らしてあげて、力が発揮できるよう、
一定の筋道を通した作法を示せるよう確立していかないと。
キャラも結城にいちゃんの絵に似せきれず、結局、僕の絵になっちゃった。
というか、古代君あたりは絵コンテの出渕さんの絵に似ちゃったってのがトホホなオチに。
なんかロードス島とかルーンマスカーみたいな顔だよ。わはは…。

初回はインパクトをという編集部との企図から臨んだ63Pのボリュームは大変だったけど、
ともあれ、同時に反省点という収穫があった。
また、コミカライズの制作艦橋として僕が描きやすくなるよう、
製作委員会も好意的に動いてくださっていて、ありがたい限りだし、
丸善書店など漫画の書店員さんたちもNA誌とヤマトを推していってくれるとのこと。
(COMIC ZINさんもそんな気配)
アニメ制作のXEBECさんも設定でお世話になったから、とても友好的で協力的。
そうした良い話も多い。
僕も周囲のヤマトへの気持ちに応えていきたい。

僕の漫画は、基本はアニメの絵コンテには無い構図や絵で構成してる。
設定的に背景が絵コンテ合わせで1ショットしかないようなものは
どうしても同じようなレイアウトで描かざるを得ないこともあるけれど、
漫画版としての視点を大事に、漫画を読む楽しみのあるようにしている。
エピソードの構成や取捨選択も自分なりに工夫しているし、加えてもいる。
キャラの性格設計や人間関係も少し変えた視点でアプローチを試みている。
相変わらず、定規を殆ど使わないフリーハンドでメカも背景も描いてる。
砲門やレーダーの円ですら、グリグリと手描きだ。
その無骨さとか、線の温度とか伝わったらいいな。
描いていて思ったのは
ヤマト2199の漫画は僕しか描けないかもっていう感覚を持った。
自慢ではなくって、自分で描きたいヤマトの漫画の形とか理想像みたいなものを
自分でこうして描いていることで得られる心象なのだろう。
それは周囲からそう言われなくたっていい。
自分の中で十分。
それは漫画を描くモチベーションにつながる大切な気持ちの一つなんだから。

Y01_11

で、それを20時半に納品して、
21時過ぎから催された「ヤマト2199」のマスコミ試写に潜り込んできた。
監督御自らお出迎えをされていて、びっくり。
4月から上映される仕様の1話2話を上映してくれた。
18日に読売ホールで催された試写イベントには、
漫画を描いてて参加できなかったのは残念でならないけど、
脱稿して、こうして観られて良かった。
スクリーンを見上げながら半べそかいてしまった。
最近はすっかりアニメっ子な僕だけれど、
昨今の作品にはまったくない、独特の温度を密度を持ったドエライ作品に仕上がっていた。
ガンダムとも違う。
僕らの世代向けとも違う。
深い所で何もかも腰の据わった、それこそ40年物の古酒のような
誰が呑んでも美味いって言える味わいがあると思う。
監督が口にする「最大公約数」って言葉に改めて合点がいった。
実は正直、キャラの作画などには不満がある。
(良い絵もあるけど)
でもアニメとしての底力が迫ってくる。
ドラマや構図だけでない、タイミングや動き、声や音楽、美術や撮影など
そうした総合力に圧倒される。
(遊星爆弾の落ちる赤い地球の外縁にある青い色彩と音の美しさは筆舌に尽くしがたい)
アニメってこういうものだよなって思う。
エンドロールに僕の名前もあって
小学生の頃に初回放映で虜になって本当に夢中になったあの艦に
まさか自分が乗艦するとはという気持ちになった。
船は人の世代を超えて存在するもの。
人の想いを乗せて次代へと継がれていくものなんだ。
この作品を観た人が、心に残る何か 気に入った何かがあったなら
いつかこの艦に乗ってもらいたいな。

で、今日はストライクウィッチーズの劇場配布されるイラスト集に収めるカラーを描く予定。
ヤマトが済んだら、おぱんつ様って なんてことー。

|

« 宇宙戦艦ヤマト2199 | トップページ | 言葉に触れる時間 »