« 備忘録のような日記のようなもの | トップページ | 「道」と「心」 »

2012年11月 5日 (月)

009を観てみたけれど。

脱稿して僅かな休息を兼ね、
で、1日だけのプライベートのつもりで
近所のTOHOシネマズ西新井へ自転車で行って映画を観てきた。
「009 RE:CYBORG」。

これが出来の良い映画だって胸を張って言えるのかな?
「超銀河伝説」の数倍は良いかもしれないけど、
作品として舌足らずというか、穴だらけというか、
演出の敗北というか、
はぁ?って感じでありました。
僕は石森作品に対する親しみも感慨も子供の頃からあまり読んでないので、
「これは石森テイストだから良し」とか「これが009なんだよ」と
訳知り顔で言うような御仁はこちらから蹴飛ばしてやりたい。
石森ファンとか009ファンとかの、勝手知ったる了解事項なんかを前提に評価されても、
こちとら分かりません。
また、ベタな00ナンバーサイボーグの活躍を期待していた人の消化不良も
お察し申し上げます。
それこそ長い歴史のあるコンテンツには
未来へつなげる意思と行動が作品にあらねばならないと思ってる。
今この時代に作られた本作から、僕はどうもそれを感じない。
というか009である必然を感じない仕上がりを見るに、
なんだかIGの営業上の事情ばかりが感じられて、
そもそもその「バトン」を意識なんてしてないんだろうなと
覚めていってしまう感覚が寂しい映画でありました。

善悪の構図が相対する存在の対立ではなく
人類の内なる相克に根ざすという
物語の軸は良いのだけれど、
「彼の声」の目論見の指すところを009を通じて昇華させるのなら、
004がご高説をたれるではなく、
体感としてその存在を感じ、納得し、
勢いをもってその真意を確信する動的な力と行動とで見せないといけないのでは?
だが画面的な見せ場たる事件を追うのに傾注して、
根幹にあるべき「彼」についてのラインが納得性を重ねる部分がなく、
思わせぶりに謎だけはふり蒔くから、
009の想いやセリフも、空を虚しく切るし、
エピローグも得心の行かない唖然とした印象しか残せてない。
「彼の声」への伏線なり設定なりを回収せよっていう意味ではない。
つじつまがどうかでもない。
明確なからくりが示されないままでも、人は生きて、そこで考え想い、
そこから自らに納得を見出そうとするものだ。
009の到達した感覚や視野と同じように納得させてくれなきゃ、
お話ならびに演出表現として失敗でしょ?
僕はそう考えるだけだ。
009の性格なり他の00サイボーグの関係とか知っていれば
そこのところは了解できるはず。それが石森ファンの常識。
ってのがあったりしたら勘弁してほしい。
そしてそもそもこのお話は009であった必要があるのかな。
攻殻機動隊の次のエピソードでも良かったのでは?
そんな印象がつきまとった。

CGアニメにおける3Dは
結構、撮影でこまかな立体感を出そうと、
配慮した画面があったけれど、
キャラと比較して背景美術が人が描く手前どうにもピントが合いすぎてて、
奥行き感が出づらい感じも受けた。
せっかくのキャラなりカメラなりの奥行きを、背景画が相殺しちゃってた感じ。
CGでのキャラなどの動きは
よく分からないんだけど、なぜかカクカクして見える。
凄いお金をかけてるんだろうけれど、
自主制作アニメ「ロボと少女(仮)」のカクカク感とかと同じ印象がある。
不思議だ。
初音ミクのMMDの方が滑らかに見えるのはなぜなんだろう。わからん。
キャラクターの造作は
フランソワーズは美しかった。細かい微妙な表情も出来て、
ヒロインとしての存在感は表現できていたと思う。
(ほむほむの声の人も素敵)
ただ他の人物はフォルムや造形も
IGさんと神山監督お得意のリアル系な処理で、ぜんぜんつまらない。
海外のバイヤーさんあたりからは「また攻殻みたいなのを作ってくれ」のリクエストが
相変わらずって聞いたことあるし、
そういう大人の事情もあってのことだろうけれど、
「東のエデン」で羽海野チカさんのデザインを入れて、
キャラクター造形としての豊かさ多様さを意識してたはずなのにと思うから、
このガッカリとツマンナイ感がある。
007などもっと性格俳優的な背丈や造作のある表情でもよかったろうに、
そういうバラエティもない。
広告素材とかにあったシルエットにしたら1と3と6以外は誰が誰やらw
フォルムに特徴があって成立する表現なのに
均質化した中でやるのはもう
自分達がやってることの認識が足りないというかチグハグというか。
漫画が獲得してきたこのフォルムについても、
今日的な解釈で踏み込んで欲しかった。

僕自身は食い足りない映画だったけれど
こうした機会で
009の周辺は活性化してきているとは思う。
平成009のBD化とかなればいいな。
それこそあちらの方が石森イズムを次代へつなげるべく
丁寧な解釈で作られてるし。

さぁ明日から再びお仕事。
エヴァQとかゴシックメイドとか観にいけるだろうか。

|

« 備忘録のような日記のようなもの | トップページ | 「道」と「心」 »