« 009を観てみたけれど。 | トップページ | まだまだですが »

2012年11月15日 (木)

「道」と「心」

起き抜けにBSで「旅のチカラ」を眺めていた。 
今朝は柔道家でバルセロナ五輪金メダルの吉田秀彦が 
フランス柔道界の今に触れる旅だった。 
ロンドン五輪で一つも金を獲れなかった日本男子柔道に比して 
メダル最多のフランスの違いを肌で感じようというもの。 
いつものこの番組は、旅人が自分の生業とは少し異なる側面の事象に触れて、 
そこから自らの生き方や疑問に解答やインスピレイションをつかんでいくものなのだけど、 
今回はわりと直球。 
ある意味で吉田のスポーツ選手そして指導者らしい視野の狭さとか余裕のなさを映してる。 
それだけがっぷり組み合うスタイルという意味で批判的な意味ではない。 

フランスは街の道場がそこここにあり、 
柔道人口が60万人というから驚き。(日本は20万くらい) 
それこそ日本の国技とかお家芸っていう時代ではない。 
だけどそこまでには海を渡った日本人柔道家50年の歩みがあった。 
番組は柔道の「道」の部分、教条的なことは余り触れない。 
日本のストイックなそれとの違いを見せる目的もあるのだろうけれど、 
でも子供から大人まで、さらには五輪選手まで口にする「人生を教わった」という 
門下生の心情を重ねていく。 

僕は中学時代、柔道部だった。 
かなりラフな部で、教条的でもなく厳しくもなく、顧問の指導もあまりなく、 けっこうマッタリやってて、 
もちろん受け身も技もちゃんと学んではいるけれど、 
試合に臨む姿勢だとか柔道の理念みたいなものはからきしで、 
僕自身に関して言えば、芯のない柔道をしていた。 
(隣の新体操部の憧れの君をチラチラ眺めてるようなボケナスでした。はい) 

フランス柔道は、先人たる日本人指導者が普及と浸透に尽力していった中で 
日本の武士道とフランスの騎士道を重ね合わせた 
8つの心得が今も多くの道場に掲げられている。 
「礼儀」「勇気」「友情」「克己」「誠実」「謙虚」「名誉」「尊敬」 
その象徴として、美しい一本勝ちを目指す姿が写し出される。 
勝つことだけを意識すると、 
小技やペナルティを計算した勝ち点を足していく、姑息な柔道になっていく。 
しかし自分の生き様として目指すものがあるとき、 
その姿は勝利者であっても、曇ったものになる。 
その曇りを払い、示せるものはまさしくこの美しい姿なのだ。 
(実際、番組で示されたフランスの道場での技は久しぶりに見るような美しい姿とキレだった) 
中学の頃の僕にはこうした意識がまったくなかった。 
自分の生き方とか心と照らして柔道をすることもなかったし、 
もちろん、生活の全てにそれがない虚ろなものだった。 
ほんとうにどこにでもよくいる「子供」だったと振り返る。 
愉しみながら柔道に触れ、その中で技と心を伸ばしていくフランスの市井の柔道場。 
教条を掲げる日本の厳しさと何が異なるのか、 
「道」と「心」はどう重なっていくのか。 
番組は吉田のニーズもあってだろう、指導と体制にやや片寄ってしまって、 
その心の過程を映すことはあまりしてくれなかった。 
だからそこはとうとう僕には受け取れずじまい。 
ただその心の過程こそドラマがあるはずだと思う。 
ならば漫画家としてはそこにイメージを膨らませていくのも良いかな。 
良い宿題を貰ったような気がする。 

アシさんや、絵のことについて質問を受ける人とかに答えるとき、 
僕は描く対象について「考えること」 
そして「自分の生きてきた人生すべてで描くこと」 
と言うことが多い。 
僕は作業ルーチンで形式化した技法を先行させて「こなす」絵にまったく魅力を感じない。 
例えば少年漫画的なテクみたいなもの。 
そこには描かれたモチーフに対する畏敬も驚きも感動もない。 
自分は都度、モチーフのことを考え、描くことに感動して、 
その描かれたものの魅力を伝えたい。 
主人公が握る電話の受話器にすらその美しさを語りたい。 
そういう感受性をもって絵を描かないといけないのではと 
信じている。 
そう信じているのだ。 
先日、アシさんに月のトーンを貼って貰う際に、 
「月の気持ちになれば分かるよ」って指示したのだけれど、 
相当困惑させてしまったようだ。 
つまりは月はどの面を地球に向けているのか、 
月の明るい面と地球の関係は、 
大気のないということはどう見えるか、 
月の海はどうして出来て、どんな組成をしているのか、どんな表情をしているか、 
クレーターとはどのようにできるのか、その形は、歴史は、 
そしてその果てには、月がどうして出来たのか、 
潮汐力と地球の関係、だんだん離れていく月の未来、 
「静かの海」ってどこだろう、 
ムーンベース・アルファはどの辺り? 
そしてこれまで撮影されてきた月のビジュアル美しさ、 
そうしたものに思いをはせていく。 
そんなことを幾つも幾つも考えてトーンを貼っていくってこと。 
それを「月の気持ち」に触れるって表現をしたのだけど、 
まぁ「考えること」と「生きてきて、見て学んだことを活かして」という点で同じだったり実はする。 
ただ「気持ちになる」ってことは 
相手を知っていく、知りたいっていう動的で情熱のある心持ちなんだろうって思う。 
実際、僕はトーンではなく、線を描くときにもそうして対話しながら描いてる。 
漫画って僕にとってはそういう相手と向き合う関係を作る 
理念みたいなものがあるのだ。 
それはフランス柔道の8つの心得ととても似ている気がする。 
絵を描く自分の内と外に対して律していく心のあり方。 
「漫画道」みたいなもの? 
ただ硬い教条的なものではなく、 
心に寄り添う、そして楽しいものでありながら、遠くを見渡せるものでありたいな。 

ということで「ガールズ&パンツァー」も 
「戦車道」を掲げ謳うなら、 
「道」と「心」をどのように結びつけるのか、しっかり見せて欲しいなー。 
(オチはそこかよ) 

さぁ、ネームネーム…。

|

« 009を観てみたけれど。 | トップページ | まだまだですが »