« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月10日 (水)

お引越し

今日は日帰りで愛知県豊川市の日本車輌製造㈱へ取材に。
新幹線の工場は、以前に神戸の川崎重工へ行ったことがあったけれど、
鉄分の多い事業所はやはり見ていて楽しい。
汗だくになって、あちこち見学させていただいた。

Img_1573b

今日はニュータイプエース誌の発売日。
お手に取った方は既にお気づきと思うけれど、今号で休刊となる。
いつも楽しみに読んでいた「輻輳のマーグメルド」と「こわいものみたさん」が
読めなくなると思うと残念で仕方がない。
氷川竜介さんの「ヤマト温故知新」は、
僕の知らないヤマトがどんどん現出されていく圧巻に胸躍る思いだった。
先人たちの大いなる試みの数々を知り、
そのマインドを漫画2199にどう生かすべきなのか、
考える機会をたくさんいただいた。
氷川さんと初めてお会いしたときに見せていただいた、
OPの欠番カットの解説を交えたお話でコラムが閉じたのも
とても感慨深い。
(お疲れ様でした。ありがとうございました)
雑誌媒体っていうパッケージの魅力は
好きなものだけを見たり読んだりするある種の偏食を、
もっと味わいの深い世界へと間口を押し広げて導いてくれるものだと思っている。
NA誌って普段全然知らない読まないような作品も多くて、
とても刺激的だった。
そうした機会がまぎれもなく一つ減ったのだ。
淋しい。

僕が連載をさせていただいている
「宇宙戦艦ヤマト2199」は角川とニコニコ動画で展開している
webコミックのサイトへ移籍となる。
「角川ニコニコエース」と言うらしい。http://info.nicovideo.jp/seiga/nicoace/
なので紙媒体で連載の提供は、この23号まで。
このニコニコの「ニコニコ静画」なるサービスを利用した漫画のポータルサイトに
雑誌のそうした豊かさがあるのかは知らないけれど、
連載を続ける場をいただけるのはとてもありがたい。
(これまでも雑誌掲載後にアップはされていたから、正確には移籍ではないのかも)
掲載作品も電子書籍オンリーになるわけではなく、
従来のコミックスとしての刊行もされるはず。
担当編集とも、次の4巻は年末か年明け…って計画を話していたしね。
ヤマトに限らず、他のタイアップ作品においても、
雑誌がなくなるということに対して
製作者サイドからは異論も異議もあったようだけれど、
それはwebで漫画をどう展開し、力を与えていくか、
角川の本気を問われているのだと思う。
事業や組織の大きな再編成をしていこうという中で、
雑誌という存在そのものの在り方も問うていくのだろうか。
先のブックフェアでの角川歴彦会長の基調講演にもあったように、
デジタル化を背景にしたパラダイムと技術の変化の中で、
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1307/03/news117.html
ニコニコへの相乗りが、その姿勢の本質だとは思わないし、
大きな発想と波の中でどうなっていくのか。
この移籍は、NA誌の購読を躊躇していた人には朗報なのかもしれないとも思う。
自分は前述のように、
偏食を潔しとしない人間なので、雑誌の雑食性を好しとするけれど、
物理存在がないのだから、低廉でしかも狙ったものだけ手に入るのは
多くの人にヤマトを知ってもらう機会をまた作ってくれるのかもしれない。
どうなっていくのかな。
雑誌掲載っていう紙媒体への想いというのは、なかなかに断ちがたい。
でも今はこのwebでの展開を組織がどうしていこうと考えているのか
せっかく移籍というその流れの中に自分があるのだから、
そこをしっかり見てみたいと思う。
僕もやはり角川の本気が気になるので。
とは言え、僕のするべきことは、
ちゃんと漫画を描くことに尽きるのだが。

製作委員会さんとも実に円満。
漫画がアニメの援護射撃の責務を果たしていることに評価をしてくれているし、
作品のみならず、仕事の姿勢を含めた信頼関係の中で
良好なやり取りができていると僕は感じている。
アニメのほうが第7章の制作に懸命に傾注する中で、
スタッフとはいえ、現在は漫画番頭の僕へ
あれこれと仕事の発注が増えている。
(ようは本編以外の仕事に人材がさけないのね)
応援係を自認する自分としては、
できる限りの力添えをしていけたらと思っている。
ということで夏コミの企業ブースにヤマトが出展する際の商品などの絵を何点か請け負ったので、
がんばって描かないと。
その打ち合わせで製作委員会のG氏と会合を持った際に、
漫画版はこの先どのくらい続けてどんなお話にするの?みたいな話題になって、
来年TV放映40周年もあるのでそこを視野に入れながら、力を入れていき、
全体ではこのくらいのボリュームでなどというお話をした。
物語についてのいくつかの腹案も披露したら、
とても面白そうと言ってもらったので、
それらを実現できていけたらと思っている。
なので、しばらくは漫画を描いていけそう。

しかし、移籍において最大の問題は
僕がニコニコのアカウントを持ってないってことなんだよね。
というかTwitterやpixiv、FACEBOOK、LINEその他の種々のネットサービスの
アカウントを僕は殆ど持っていない。
理由は二つ。
一つはクレジットカードを持ってないので、
ネット上のサービスの多くを享受できないため。
もう一つは、時間がないこと。
ネットで動画を見たり、絵を投稿したり眺めたりする時間があるなら、
休日なしで毎日午前9時から午前3時まで机に向かって仕事してない。
そういう余裕がないのだ。
僕はもともと誘惑に弱いので、
自分の身の回りにそうしたものの侵入を許すと、とたんにグダグダになる。
だから周囲に置かないことで維持してるから。
家に酒もお菓子も置かないのもそう。
クレジットカードのツケ払いで財布の紐が緩まないように持たないのもそれ。
ネットのアカウントを持たないのも同じ。
友人が「ニコニコの***の動画が面白い」って紹介してくれても観られない。
「今度ニコ生に出るから見て」と言われても応えられない。
TwitterでRTや拡散して欲しい素振りがあっても、まったく力になれない。
それらのどれかを受け入れたら
僕は漫画が描けない駄目人間になってしまうから。
不義理で非人情な奴と後ろ指さされても、自分には漫画しかないので、
そうして自分を戒めていくしかないのだもの。
なので、自分の掲載作品を自分で読めない状況が続くのだろうなぁ。
ということで、移籍後の作品がどのように閲覧できるのか
有料か無料か、閲覧ソフトのDLがいるのかとか全然知らない。
それはこの日記を読んでいただいている皆さんのほうが詳しいのだろうなぁ。

ということでお引越しをいたしまする。
どうぞ変わらぬご愛顧を。

|

2013年7月 6日 (土)

言の葉の庭

平水指の割蓋のうえに袱紗で作った蝉を飾る。
梅雨の明けた日。茶道の稽古の帰り。
出かけついでに観る機会を作れないままだった映画に行った。
新海 誠監督の最新作「言の葉の庭」。http://www.kotonohanoniwa.jp/
5月末からの上映だから、わりと長く小屋にかかっている。たすかった。
土曜日ということもあってか、席はしっかり埋まっていた。
圧倒的に男子比率高しw
超問題作だった前作「星を追う子ども」http://www.hoshi-o-kodomo.jp/top.php
以降は、数本の企業広告を手がけていたみたいで、
うち、野村不動産のものは、池袋のHUMAXでは本作と同時上映のような扱い。
大成建設の方は随分前にwebで観た記憶がある。
「星を~」ですっかりあっちの人になってしまったかと幻滅にも近い心配をしていたけれど、
それとは違う。またこれまでともちょっと異なるところに
小気味の良い映画を作ってくれて、
僕は心底楽しめた。
日々の中でもやもやとわだかまったものを、映画を通じて外に吐き出す。
まさしくカタルシスというものが僕の中にあったと思う。

都会でも雨の気配を感じることができる。
水を媒介にして周囲が匂い立つときがそうだ。
街中の公園の中では緑の濃密な香りを孕んで、
とりわけ鼻腔を刺激する。
気化熱で冷やされた空気の中でそれは甘く、
なにかの水菓子に触れたかのような青い感覚を思い起こさせる。
雨粒から、水滴、雫、水紋、水はさまざまな表情を見せ、
揺れる木々も葉も色と光と影を与えていく。
雲は低くしかし滲む濃淡に即興音楽のような複雑なリズムを聴かせ、
煙る街は猥雑さを戒めるようなトーンを与えられ、
人の居場所としての存在を意味し始める。
僕が絵に描きたいなと思う愛しいものが溢れた世界。
ノスタルジックに田園風景を尊ぶことなく、
人も街もまた自然なのだと説いてくれる。
そしてそこが二人の場所。

高校生の少年は無邪気なままではいられない境遇に己の方向を探し、
女は周囲の駒が詰んでしまった中で、身動きができないまま
自分の一歩を探している。
少年の若い牡鹿の肉体を感じさせるラインはまぶしいし、
心ならずも手弱女(たおやめ)の気を宿した女も美しい。
それぞれが思う距離を大切にしながら、
二人の逢瀬は反射する緑色の二次光源の面積の中に透けていく。

物語はいくつかの物語的なからくりやプロットを与えられていくのだけれど、
大事なのはその水と緑の空間に二人がいた瞬間と、
溢れ出した涙の雫が互いに向けた素直な歩みであったこと。

1時間に満たない作品だけれど、
僕はこういう作品にずっと憧れを持ってきた。
漫画で描けたらって思ってきた。
単行本1冊程度で収まる、空気と場と間と小さな心のうずきを描き止めた話。
多分実写映画じゃだめなんだ。
実写ではもうなかなか撮れる人がいない感じがする。
カメラは進歩し便利になり、安価にもなってきているけれど、
逆に丁寧に画面をこしらえる感受性が痩せてはいまいか。
ライブ感とか奔放性とか言葉に頼った方便だ。
実写の即興性とは
レンズも被写界深度も光も色も考え抜いたその先に写り込む何かが与える
神々しい瞬間だ。
そうした積み上げを「AUTO」のモードの向こうにおいてきてしまったようなものには
凝らした想いが宿っていない。
絵はそれができる。それは描くから。
この映画は、というか新海作品のそれはどれもだけど、
まるで私家版のような
気持ちを注いだ絵が、動きが続いていく。
特に本作の絵の背景の主張はいつになく密度が高い。
くどそうでいて緩急もあり、
人物のデザインの疎の感覚と面を意識した彩色のバランスが
絵の構成を落ち着かせている。
(ある意味で水木しげるの大ゴマの絵みたいなバランス)
僕の理想に近い絵の連なりと均衡が垣間見えた。

ハナザーさんの声も良かった。
声質の可愛いさを出すことより
くぐもった濁りを与えることで、主人公の心象を静かに表し続けていた。

不知の病で死んだり生きたり、100回泣いたり、泣かせたり、
タレント事務所のゴリ押しの配役、OL御用達のタイアップ、
安いテレビドラマの延長みたいな陳腐な脚本、
日本のもうどうしようもなく馬鹿らしい恋愛映画はうんざりで、
静かで品格のある恋愛の映画が観たいなって思っていたので、
それが満たされたように思う。

梅雨は明けてしまったけれど、
僕がよくCDやMP3の音源を再生する時に、一緒に開いているweb。
http://www.rainymood.com/
好きな音の中に閉じこもるのでなく、
心を外に開いていくために必要なもの。

ということでサントラ付きのBDも早速購入した。
連載の次回脚本も出来たし、
まだクライアントからの確認の連絡はないけど、明日はイラスト仕事をいよいよ進めよう。

|

2013年7月 4日 (木)

新潟再訪

6月30日は新潟市にてトークイベントとサイン会。
ということで出かけてきた。
はぅぅ…。

前の晩というか30日の午前4時半まで連載原稿をやっていた。
今回もかなりトーンなど、アシさんに任せっきりにして、
フィニッシュらしいことをさしてしないままの原稿になってしまい、恥ずかしい限り。
しかも担当さんをそんな時間までつき合わせたものだから、
新幹線で同行する予定だったのだが、乗り遅れてしまったみたい。
こちらも仕度などバタバタしながら一人Maxとき317号上野10:18に乗って新潟入り。

新潟市は東京より暑かった。
北に向かうのだから涼しいかなとか想像していたので、ややあてが外れる。
会場である日本アニメ・マンガ専門学校(JAM)に着くと、控え室へ案内される。
http://www.web-jam.jp/
応募人数が60人を超えた段階で、当初の「マンガの家」から、
こちらに会場を移す段取りがついていたそうだ。
(最終的に100人オーバーであった)
控え室で、新潟名物だというタレかつ丼をいただきながら打ち合わせ。(美味しかった)
http://www.tonkatsutaro.com/
今日の進行役でマンガの家の館長でもある坂田さんが予め用意した
質問事項などに目を通しながらの確認。
難しいというか真面目な質問が並んでいた。
そのどれにもさして明確な答えは持ってないんだけどなとか思ったけれど黙っている。
そしてすぐに開会。
4階の講堂の席はしっかりと埋まっている感じ。
開催者には喜ばしいことだけれど、こっちは大勢が苦手なので焦るのだ。
イベントの内容は坂田さんの思惑を微妙にかわしながら回答をしつつ、
(だってそんな真面目なこと考えて描いてないし)
話しは横道にそれていってしまって、
坂田さんの狙いとは別に、僕が話しておきたいなと思っていたことにも触れず仕舞い。
終始なごやかで、笑いのある楽しいイベントで、それは良かったことなのだけれど、
やはりもっと密に段取りを組むか、僕の独演の方が目論見には近づけるなという印象。
ただし、僕の独演とかはもの凄く陰気で理屈っぽく、平板な話になることは必定で、
決して面白い、楽しい、という感想は参加者に与えないと思う。
(陰気な人間というものはそういうものだ)
多分、僕は漫画における即興性の模索とJAZZのインプロバイズの関係性とか、
佐々木昭一郎的な空間性と人物造形のあり方と橋口譲二の人格と風景の親和みたいな話しを
ずーっとしちゃうと思うので。

そうして、30分ほど予定をオーバーして第1部が終了。
参加者の質問に、ミリタリー的な素養についてあったけれど、
以前から言っているように、僕はミリタリーは全然分らない。興味もない。
ではどうして漫画が描けるの?と問えば、
軍隊に無知でも「組織」としての筋道を通せば大きな間違いはないということと
分らなければ、詳しい友人に尋ねればよい。
それだけなのだ。
メカ的な描写で言えば、ああそれは、勘で描いてるかも…。
というかメカは風景(建物)だと思って描いているので。
定規とか使ったシャープな描写だと、大きさとか素材感とか出ないし。

続く第二部、サイン会も大変だった。
100人×3冊みたいな感じだったのと、そこそこ会話などしながらだし、
かなりの時間を要した。
自分の名前を描いてるのに、だんだんルーチン化して
ゲシュタルト崩壊しかかってしまった。
人間はあまり同じことを続けてすることは良くないね。心がなくなってしまう。
それは来ていただいた人に一番申し訳ないことだし。
結局サインは17時までに済ませられず、
幾人かのお許しをいただいて、
地上波放送の第13話「異次元の狼」を皆で視聴。
プロジェクターによる大画面投影で、音量も大きく、
なかなか自宅では得られない好艦橋。
13話は僕もソノブイのモニター設計をしていたので、面目が保てて安心。
放映後にサインをしたのは、北崎拓さんとか、小林治さんとか、なーぜーかー見知った顔ばかり。
うーん。恥ずかしい。
雄姿を募って東京から日帰りで来て下さったそうな。(ありがとうございます)
イベントが終了して、徒歩数分の「マンガの家」へ移動。http://house.nmam.jp/
そこで3期の模様替えが済んだ展示を眺める。

2013070118250000
眺めるって言っても自分の絵が多いので、今更なのだけれど、

2013070118270000
どんなチョイスをしているかとか、他人の見方が分ってよいので。2013070118270001
(艦内は撮影禁止w)
そのあとは駅近くの居酒屋で地酒と肴に身を委ねて…。

翌日は9時には起きて、再び「マンガの家」へ。
展示の模様替えはされたけれど、頁の解説文がないので、
それを執筆するためだった。
同じスペース内にある漫画講座用であろうPCをお借りして、
掲示している頁の解説を1枚につき200字程度で記していく。
途中、新潟市役所の担当者さんや、JAMの生徒さんが授業の一貫で見学にこられたりで、
応対したりしたけれど、
夕方までにかなりの部分を書き終えた。
早ければ今週中には解説文が展示に付記されると思う。
で、名残惜しくも新潟をあとにした。
参加者さんからもたくさん差し入れをいただいたので、お土産もいっぱいだった。

帰宅したら緊張の糸が切れたのか、
38度超えの熱をだしてダウン。
仕事がまた1日遅れてしまった。
今週中に上げるカラーイラストが1枚あるのだけど。むむむ。

熱があると自覚する前、仕事をしながらネットを巡ったら、
新潟のトークイベントについてちらほらと書いてらっしゃる方々がいる様子。
録画や広く公開を前提にしていないこうしたイベントはオフレコが基本だし、
それを前提にしないなら、話す内容だって違ってくるものだ。
それにわざわざ遠方や、時間を作って足を運んだ他の参加者さんにも
その労苦の意義を下げてしまう意味もある。
だけどわりと気にしない人も多いのだなぁという印象。
「ヤマトーク」などは有料イベントなのに、
勝手にTwitterへ発言内容や様子をリアルタイムでアップしてる人もいると聞く。
それがおかしいことだとは思わないのかな。
共有したいって気持ちから、お祭騒ぎ的な勢いで楽しければよしってことではないと思う。
お祭はその場に参加した人のものだ。
ネットもその参加ツールだと言うのなら、
それはオフィシャルがニコニコでもUSTでも、最初から公開を組んでいるものだろう。
参加者が自分の判断で行なって良いものではない筈。
そしてこの時代にあって、ネット公開をしないのはそれなりの理由があってのことと
容易に想像できるはず。
今回の新潟では、基本的には言って不味いことを喋ってはいない。
だから雰囲気を伝えたいって気持ちは楽しく見ていられるのだけれど、
自分の趣旨とまったく異なる意味に受け取られていたり、事実誤認をされていたりすると、
真面目に凹んだりする。
僕はどうも「誤解のないように伝えないと」という強迫観念が起きてしまうと、
あの手この手で執拗に説明を重ねていていく癖があって、
それで人から本当に嫌われる。
大事な相手だからと思って頑張るほど、どんどん嫌がられる悪循環を作ってしまうのだ。
社長時代はそれで「よくわかんない話をくどくど言い続ける面倒な奴」として
社員から総スカンだったし、それで人前で話すようなことはもう止めようと思った。
それでもヤマトの応援になるならと考え、くどくない喋り方を心がけたのだけど、
なかなかやっぱり上手くはいかないようだ。
人前で話しをし、何かを伝えるのは難しい。
自分は絵とか文章のほうが向いているのかもしれない。
そちらは推敲もできるし、表現も工夫できる。
その上で読者の想像力に委ねるような部分を残しているから、
明確な何か、理屈や事象や意味を伝える目的ではない。
ところが、明確に何かを伝えようとする生の言葉に僕はそのスキルを持たない。
今回も己の分をはみ出していたのだろう。

そういえば3時間遅れで新潟入りした担当編集さんがイベント後に、
マッグガーデンの「コミックブレイド」誌で2199のスピンオフ漫画が始まると教えてくれた。
出版社的には競合ができるのは嬉しくないかもなのだろうけど、
僕は楽しそうでいいなと思う。
http://natalie.mu/comic/news/93941
http://comic.mag-garden.co.jp/blade/2253.html
東まゆみ さんって作品数も多いし、かなり有名な人なのね。
漫画ってそんなに読んでないし、恥ずかしながら不勉強で全然存じていなかった。
「2199に遂に大物投入」みたいに喜んでる声を見かけると、
これまでは無名の小物ですみませんでしたとしか言いようがない。
頑張っても周囲から低く見られるのは社長時代にもっと酷く味わっているので、大丈夫。
小物の自分らしく、自分に嘘の無いように描き続けるだけ。
東さん、ヤマトが好きな人だといいな。

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »