« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月20日 (日)

思いつきのような短い文章をあれこれ

2013年「新聞広告クリエーティブコンテスト」最優秀賞「おとうさんは、桃太郎というやつに…」
http://youpouch.com/2013/10/18/138978/
http://www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2013.html
2199はこの視座を忘れないで物語をつむぐ責任を意識してる作品なんだよね。

ラジオで「現代人に自己肯定が大切」みたいなことを言ってるけど、そうかな?
「自分の人生は自分が主人公」みたい人が世の中悪くしてる気がするんだけど。
自ら進んで己の肯定ではなく、
自分の存在の承認を与えてくれる他者を大切にすることが肝要なんじゃないのかな。
オイラはずっと自己否定からがスタートなんで、肯定なんて発想がない。
自己肯定のアプローチって、なんだか鬱病患者のカウンセリングみたい。
自分を是認してしまったら進歩とか努力を放棄しちゃうって人も実際多い。
疲れた人への「頑張らなくていいんだよ」みたいな言葉で、どいつもこいつも是認するのは
聞き飽きたし間違いだと思う。
血反吐はいて泥水の中を這い回ってなんぼでしょう。
それで、努力をしないで自分を是認して、
あげくは「やればできるはず」とか、
全然特別な存在じゃない自分に耐えられないとか、
そういうメンタリティばかり育てちゃう。
まぁオイラみたいに父親から「オマエは俺より出来が悪いからオマエの存在は恥ずかしい」って
蔑まれて育つのも問題ですがw
TVに出てるオバカタレントが努力してないとか思ってる時点で勘違いでしょう。
「あいつらがチヤホヤされてるなら、自分もそうあるべきとか」思うのは狂ってる。
やなせ先生がおっしゃっていた
「努力と才能と”運”」っていう物凄いシビアなものの上にあるものなのに。
で、その誤った理解の自己顕示欲の行き着いた先が、
バイト先の冷蔵庫に入った様子をTwitterに上げた姿っていうのがもう…。

友人の樹崎 聖さんが漫画業界の活性化にとやっている配信
http://www.stickam.jp/profile/domix
意義あることなんだろうなと思いつつ、
よく皆んな顔出しで動画配信とかに出演できるなと、なんか震え上がってしまって、
他人様のことながら怖くて1度も見られない臆病者です。
社長時代のトラウマもあって、人前に自分をさらすのが怖くてもう絶えられないし、
自分が嫌いなので、写真も残さないようにしてるから、
(たまに写った記念写真やスナップをいただきますが、申し訳ないけれど処分してます)
公共の場というかネットに自分の姿を上げるなんてことができるのは、
オイラの想像というか神経を超えちゃう行動なのです。
だから、友人の漫画家さんが出演してるのを見るだけでも怖くなっちゃう。
自分は劣った人間なので、人様の前に出せるものは
努力と研鑽をして、なんとかその水準に達するものだけにしたいなと思うのです。

実は手塚作品でちゃんと読了してるのは「アポロの歌」と「どろろ」だけだったりする。
あとは知らない(どろろは数年前)。
「火の鳥」はコスモゾーンの御厨版コミカライズしか読んでない。
石森も赤塚も藤子も読了した連載作品はないかも。
もちろん鳥山明も高橋留美子もスラムダングも藤田和日郎先輩の作品もろくに読んだことがない。
本屋がない寒村に育つと漫画に触れて育たないし、
そもそも少年漫画にあまり惹かれないのだ。

「ハーロック」劇場版を観たのだけれど、
あれはあそこでハーロックが死なないと筋道として駄目じゃん。
凄くがんばってるなって好感は持てるけど、そこで台無し。
あとは花とか自然描写がなんか安っぽいのが残念。
メカとか好きでも自然物に興味ないのかな。あれじゃカキワリに乗っけた造花だよ。
脚本の破綻は原作者先生のクレームのせいだって聞いてはいるけど、
こりゃあんまりなレベル。スタッフはつらかったろうなぁ。

連荘で「マン・オブ・スチール」も観た。
お話の構成もアイディアもドラマの練りも面白かった。
キャラの動きにも言葉にも深い人間味を感じる。
風景の描写も美しく、そこに根のある人間の心をも感じさせる。
スーパーマンの原典にあるなんちゃってな設定も、詩的な昇華でまとめられていて、
素直に感じられる。
品格のある作品だった。

「パシフィック・リム」は面白かったけど、なんか空っぽだなぁ。
物語のシンプルさとドラマの浅さを恐らく多くの人はロボで満たしてるんだろうけど、
僕はウルトラマンとか巨大ヒーローは好きなのに、
やっぱりどうも巨大ロボには全然惹かれないのかもしれない。(ガンダムのMSもあまり興味ない)
怪獣もなんだか無色で食い足りない。
カメラも寄り過ぎで、何がどう映ってるのか分らない絵が多い。
絶賛してる人は僕とは感受性が違うのね。
「スタートレック・イントゥダークネス」はカーンの怒りの心根がイマイチ分らないけど、
物語やドラマの強さもいいし、複雑な内容を巧みに構成してある。
そして「バトルシップ」もそうだけど、
やっぱり戦艦モノが好きみたい。観ていてドキドキする。宇宙戦艦最高!

アシさんと話してて、
収集品も趣味の品もないあまりに無味乾燥なオイラの家の状況を見て、
「オタクじゃないですよね」と言われる。
本やJAZZのCDは買うけれど、確かに固執して凝るということは昔から無い。
「好きなものとかないんですか?」って問われたから、
「ヤマトが好き」って答えた。
笑われた。

さぁネームを描かないと。
来月の更新はやっとガス生命体までいきます。
4巻はグリーゼ581のお話をくるめてまとめられる予定。
来年1月刊行の日程で進めてます。

|

2013年10月15日 (火)

やなせたかし先生の訃報に接して

漫画家協会では「来年死ぬから、会長は降りるぞ」って毎年言っていらして、
会員の漫画家さんたちからは笑顔で「死ぬ死ぬ詐欺」って呼ばれてて、
協会の総会が終わった後の宴席では
ステージ衣装に身を包み、アンパンマンのきぐるみたちと唄い踊るお姿が恒例。
だから僕も、まだあと10年はお元気だろうと勝手にそう思いこんでいました。
あのお姿はもう見られないんだなぁ。

漫画家協会の総会で
「漫画家は才能と努力と”運”だ。僕は60歳過ぎてやっと運がきたからわかる」ってお話になったのは、
今も僕の金言の一つです。
もう20年以上も前、NHK教育の講座番組で
ゲストに出演したにわか人気のイラストレーターへ向かって、
「誰でも描ける絵だね」とか平気で言っちゃう姿とか、
茶目っ気の中でも仕事への真摯さは貫かれた人でした。
晩年は、もう目もよく見えないし、脚も悪いから、引退したいけど、
震災被災地の子供たちのためにもう少しだけ頑張るとおっしゃっていた。
(そう言って、やっぱり衣装を着て踊ってらしたけど)
漫画家協会の事務所もやなせ先生のビルの中にあるなど、http://www.nihonmangakakyokai.or.jp/
協会の存立に先生のひとかたならぬ力添えがあると思うし、
利己にとどまることなく、広い場にむけて幸福を願い行動する志の人でした。

協会会長職を ちばてつや先生に交代されても、まだやはり笑顔の絶えないお元気さで、
本当にまだずっとお元気でいらっしゃるのだと思っていたのに。

ありがとうございます。どうぞ安らかに。天国でも楽しく歌って踊ってください。

|

サッカー

僕の高校のあった旧浦和市はサッカーが盛んで、
母校も県ベスト4の常連だったりしたから、体育の授業でもサッカーの時間が多かった。
僕もボールを追って走ることが好きだったし、
中学では柔道をしてたから受け身がとれるので、転ぶとかタックルとか怖くなかったし、
けっこう楽しい授業だった。
でもJリーグが出来たときに、
顔にマーキングしたり、同じ衣装を着たり、同じ歌を唄ったりと、
「こうあるべきだ」とサッカーの楽しみ方を強制してくる風潮に嫌気がさして、
以来、サッカーはどうでもいいスポーツになった。

で、そのサッカーの話題ではなくて、
スーパーマーケットのサッカーのお話。
サッカー(Sacker)って簡単に言えばレジ袋に買った品物を納めること。
またはそのスーパーでそれを担う要員。
レジの済んだ品物を詰めるあのステンレスの台はサッカー台って言う。
何年か前にこのサッカーのテクニックを競うって企画を
TVだか雑誌だかで見かけて、
ああ、普段自分が心がけていることだなって思った。
つまり硬いものや大きいもの、安定したものを、袋に収めながら、
同時に袋を傷つけたりせず、容量を意識し、
商品の温度や硬さ、形を考慮し、
いかに整然と合理的にかつ小さく美しく入れるかを
買った品物を見て、即座に解析、段取りし、実行するものだ。

先ほど、台風の前に食材をとスーパーへ立ち寄った折に、
このサッカーがたいそう下手糞な若い主婦や労務者風の作業着のおじさんを見て、
ああ、こういう人は家事とかにあまり気持ちの行き届かない人なんだろうなと思った。
こういうことって、一種の家事能力のバロメータのような気がするので。
だって、例えば洗濯物だって、
洗濯機から洗濯カゴに収めて物干しに移動する際、
干す順番を考えてカゴに入れたりするものでしょう?
皿を洗う順番だって、洗い物をみて油汚れや大きさなど見て
更には水の量とか洗剤の扱いとか考えるものだし。
そういう段取りを短い時間で判断して動かしてこその家事だと思うので。
家事作業のグランドイメージを意識しながら、眼前のものを処置する。
料理なんかも、レシピに頼るでなく、
食材から見て調理の段取りから味付けまで発想するのもこれに近い。
だからサッカーって家事のバロメータなのじゃないかなと言ってみたりしたくなる。
自分はサッカーをしていて、ややルーチンな発想に凝り固まってると思うと嫌だから、
違うアプローチで入れるとか、色々アイディアを試して固まらないようにして、
上手になる前に即興性を大事にしたりしてるので、いまだに定まらないかもw
これってよくよく考えると、
サッカーの上手な人はつまりは仕事が出来る人でもあるのではと思ったり。

でも、いくらサッカーが上手くても、
泥酔して無賃乗車したあげく運転手さんを蹴っ飛ばしたりしては最低の人間だけどね。

|

2013年10月12日 (土)

漫画力強化合宿

原稿に古代のハーモニカを描いた。
Amazonで発売前に予約注文したサントラの第3弾は、
なぜか11月17日に発送しますとのことで、
第2弾のCDを聴きながら執筆をしていた。
(なので今、この時点でも3枚目は手元にない)
で、ブレスも生々しいハーモニカの演奏を聴いていて「はてな?」と思ったのは、音。
シンプルな唄い口のそれは単音ハーモニカの音で、
設定資料に描かれているものは複音ハーモニカだ。
複音は上下にリードがあって倍音によるふくよかな音色になる。
もちろん舌を使って、上下のどちらかの穴を塞いで吹けば、単音になるけれど、
古代がそういう演奏をわざわざする理由はまったくない。
漫画では音が出ないので、どちらでも問題ないけどw

Y19_05
連載の脱稿後すぐ、二泊三日で合宿をしてきた。
この合宿は以前から計画をしてきたもので、
野上武志さんのスタッフさんや仲間たち、
そして僕の連載を手伝ってくれているアシさんを交えて、
絵の基礎的な技量のボトムアップというか、経験値とか視点を養う機会を作ろうというもの。
僕は野上さんの手伝いを長く以前からさせていただいていたので、
そもそもスタッフの皆とは親しいし、
僕自身が野上さんスタイルの制作の組み方に倣っている部分が大きいから、
共有するテーマや課題があるので、ぜひ一緒に勉強ができたらなと思っていた。

場所は栃木県日光市の僕の親族の別宅。
今は利用することも多くないそこを、野上さんと合宿場として下見をしたり、
漫画学科をもつ近隣の美大のカリキュラムなどを見学させてもらいながら、
自分たちなりの勉強の目論見を作ってきた。
今回は大きく3つ。
○ 人体クロッキー
○ ライティング講習
○ 風景スケッチ

漫画家であっても、人体のデッサンやクロッキーをしたことがないという人がけっこういる。
呆れた話に思うかもしれないけれど、現実なのだ。
漫画は記号化の産物という側面があるため、
その記号を真似て絵を描くようなルートから、
結局、素の人体に触れることのないまま漫画やイラストをやってますというケースだ。
人には癖というものがある。
それがだんだん肥大してフォームが崩れ、スコアが落ちるというのは野球やゴルフではよくある話。
絵も同じだ。
それに記号から入ってしまった人は、
そもそもの記号化というプロセスの過程を人体に照らして理解してないから、
自分の癖の肥大化や狂いも実感できないし、奇天烈に変容した絵を平然と許容してしまう。
大ベテランの漫画家さんの絵の狂いなどは、そうした癖と無理解の合成が要因に大きい。
なので、人体を描くことで、人体構造を把握して、
記号化に自分の中で理解と意味を与える。
そういう立脚点と視座に触れる機会をと考えた。

ライティング講座は、高校時代に写真部だった僕の経験がヒントになっている。
当時の写真部は1年生にライト(光源)の位置を変えて撮影し、
人物や衣装の陰影の違いからどのような表情が出るのかを
考えレポートにする課題が与えられていた。
それが僕には漫画家として人体に陰影をつける際の大きな糧となっていることから、
そうした経験を持つことの意義を感じていた。
調べたり聞いた限りでは、美大や専門学校でも
この人体のライティングを学ぶ機会が皆無のようで、
価値の高い講座になると思っていた。
方法は暗くした部屋の中で、一点灯の光源の位置を変えながら、
人体に落ちる影の表情をスケッチしていくというもの。
描きこむ用紙は僕の素案に野上さんが更に手を加えたものを用意した。

風景スケッチは小学生の図工の時間みたいだけれど、
自然物に素直に触れながら、その対象を把握する力は、
背景画という要素がついて回る漫画という表現の中で必定なもの。
ラフなスケッチというところから、
負担ではない、描くことの楽しみに結び付けられるきっかけや、
どこを押さえることで存在感を発揮する風景になるかを
考えられたらと思ってカリキュラムに加えた。
もちろん部屋に篭ってばかりでなく、
観光も含めて外に気持ちを向ける機会を設けたかったのだ。

僕は、午後に脱稿してそのまま実家に行って、妹からクルマを借り、
翌日から合宿がスタート。
総勢9人という結構な人数。
野上さんと僕でそれぞれ参加者をピックアップして日光へ。
東北道の佐野SAで全員集合をしてから、旧・今市市の無料駐車場まで移動。
昼食とあいなったが、「うなぎが食べたい」という約一名の暴言が採用され、
周囲3km四方で一番高額な飲食店に入ることに…orz
(会社の高級接待で使われる店)
実は安くて美味しい店の目星はつけてあったのだけど、
でも確かに天然うなぎは美味しかった。座敷も風情があって素晴らしかった。
つか、絶滅危惧種の日本鰻を食べるのは、最近気が引けていて、本当に久しぶりだった。
そしてウチの別宅に移動して、人体クロッキー講座。

モデルは野上さんと親しい口枷屋モイラさん。 http://selfer.net/moira/
今回、合宿を通してお世話になった。
野上さんの現在の連載がセーラー服の発展型の制服を着た主人公なので、
まずは、セーラー服姿をクロッキー。
不慣れなこともあろうと、初回は10分で、以降は5分のセットで進める。
ポーズは参加者に描きたいイメージを2つほど考えてきてもらっていたので、
それをあてていく。
下着でのクロッキーも行った。
当初、裸体でと考えていたのだけれど、
着衣のほうが大胆なポーズもとれるかなとか、
モデルさんのスタイルからは着衣のほうが効果が大きいかなとか
色々検討して下着でとなった。
クロッキーはある程度の数をこなせたとは思うのだけれど、
参加者でそれを見て意見交換や指導をする時間が取れなかったのが残念。
(ちなみに下着でのクロッキーは時間切れで二日目になった)

Raugh1_s
Raugh2_s
初日の夜はバーべQ。
昼食時に買出ししておいた食材や酒などで
夕方6時から深夜1時までの酒盛り。
というか最後まで飲んでいたのは野郎だけだが。
肉や魚を炙りながら、庭でまったり過ごすのは楽しい。
この日の日本酒は蔵元「渡邊佐平商店」で買った「日光誉」のラインナップ。
http://watanabesahei.co.jp/
そして松田重工さん自家製の琵琶酒など。
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51407767.html

二日目はライティング講座が主体。
前の晩の片付けや二日酔いでスタートはやや遅くなったw
居間の雨戸を閉めて、照明を1灯。モイラさんは下着姿。
人物と灯りの位置を変えながら、影を追う。
1セットでもあちこちの方向から描いてメモするので20分は必要。
休憩を挟みながら代表的な光源ポイントを8つほど描いた。
(そのあと、下着クロッキー)
もう少し、ポジションを稼ぎたかったけれど、時間切れだった。
やはりこれも描いた後に、すこしレクチャーを設ければ良かったな。
あと、顔の影の出来かたはもう少しクローズアップして
色々バリエーションを揃えたほうが良かったように思う。

Lighting_s

そして二日目の夜もバーべQ。
今度は講座終了後に買出しに走る。
野上さんは日本酒。今度は近所の蔵元「片山酒造」へ。
http://www.kashiwazakari.com/
柏盛のラインナップ。
野上さんの持込のローストチキンなどを厨房でさばいてもらう間、
僕は近所のスーパーへ食材の調達。
そして7時位からスタート。
途中、食材がつきかけたので、オイラが自転車で買出しに。
帰りに見上げた夜空の星があまりに綺麗だったので、
帰って皆に告げたら急遽、星空鑑賞会に。
遅くなると冬の星座もお出ましになるので、けっこう色々観測できたみたい。
日光はやはり東京よりも星が見えるなぁ。

三日目は日光東照宮でスケッチ。
家の片付けと戸締りを済ませて出発。
東照宮までは家からほぼ一本道。
日光が初めてという人もいたので、観光がてらまったりと進んでいく。
あいにく陽明門が修理工事の真っ最中で覆いの中だったのは残念だけど、
あちこちゆっくり見られた。
一通り見学したところでスケッチに。
僕と野上さんは指導役に回る予定で、あまり描かないつもりだったけど、
ゆっくり見学しちゃったので、皆も描く時間があまりない感じw
スケッチの考え方みたいなのの僕のアプローチとか、
もっと示してあげられればよかったのだけれど、
あまり出来なかった。

Sketch_s
1時過ぎに再集合して、こんどは霧降高原へジンギスカンを食べに。
霧降高原の名の通り、途中から視界2mのホワイトアウトな世界へ。
クトゥルフの怪物かベル星人が出そうな濃霧の中を
キャーキャー言いながら運転して、目指す大笹牧場に。
http://www.tochiraku.or.jp/oozasa/
そこでわいわい肉を焼いて、生乳ソフトクリームを食べて、
今回の漫画力強化合宿のカリキュラム終了。
山を下って帰途についた。

暗くなった高速道路はなんかほんとうに風景に変化がないし、
もうボーっとしてきてしまって、ちゃんと運転はしてるけど意識が薄弱になっちゃう。
もちろん飲み疲れや寝不足もあるから余計にフラフラ感満載。
しょうがないので追い越しレーンでガンガン攻めの運転をして、
なんとか緊張感を維持。
同乗者がまだ話かけてくれたから助かったけど、
寝ちゃったりされたりなんかした場合は運転大変だろうなぁ。

かくて無事帰宅。
昨日はクルマを返しがてら実家と妹の家に寄って、
久しぶりに家族と長い会話。
健康でのどかに暮らしていて安心した。
帰る前に、さいたま新都心のMOVIXさいたまで
ハーロックとスーパーマンを観た。感想はまた改めて。

合宿はどれだけ参加者の役にたったのかな?
教育効果というか、ケアをもう少し加えてあげると飲み込みや定着が全然違うので、
そういう面をしっかりしてあげたかった。
もちろん自分で反芻できる人たちだから、過保護なのかもだけれど。
ただ課題として考えていきたいし、
新たなカリキュラムで第2弾も催したい。
また色々考えていこう。

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »