« 食と老い | トップページ | 年の瀬へそして年明けへ »

2013年11月20日 (水)

お詫びと訂正

11月10日の日記に
ヤマトの設定資料集ガミラス編について苦言を述べました。
元編集者ゆえ、どうかなと思う心境を記しましたが、
KADOKAWAの事情を汲んでの見解と
マッグの事情を「知らない」ということで汲んでないのはアンフェアでしょうという
親しい人たちのご指導を受けました。
まさしくその通りです。
まずここで
「恥をしるべし」と書きました非礼に、マッグガーデン社へお詫びを申し上げます。

基本としては同じ日記に述べているように
ヤマトの本が出ることに感謝と喜びを感じておりますが、
そこに嫌な言い回しで不快感を与えることは誰にもプラスになりません。
自分は描き手にいる立場、
スタッフにある立場ですので、
良いものを送り出せるよう助力と提言に努めるべきでありました。
恐らく来年の劇場公開を視野に入れて、
出版も色々な動きがあると思います。
多くのところがヤマトの書籍を出せるよう願っておりますし、
お声がかかれば誠心誠意、原稿という形でお応えしていくことで、
反省の意を汲んでいただければと願います。

なお当該日記の文言につきましては削除の形ではなく、
このお詫びへのリンクと注釈を添えた形で残して、
反省すべき間違いの形を示しておきたいと思います。

|

« 食と老い | トップページ | 年の瀬へそして年明けへ »