« 年の瀬へそして年明けへ | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

2013年12月24日 (火)

クリスマスとか

今日はニコニコエースにおいてヤマトの連載の今年最後の更新。(のはず)
http://info.nicovideo.jp/seiga/nicoace/
この21話までがコミックス4巻に収録される。
今は22話の原稿を手がけ始めたところ。
脚本が出来たので、今週はネームを仕上げたい。
お正月休みというわけではなく、単行本作業などで仕事が圧すことが見えていたので、
編集部と話して次回は頁減で臨むことになっている。
(ただし冒頭はカラー4P)
冬コミには新刊を出せなかったけれど、
ニコニコエースのQRコードとかを添えた宣伝用のイラストのカードを作ったので、
持ち込んでいる在庫の本や、委託を請けた砲弾ぬいぐるみなどを
購入いただいた方にさしあげる予定。
絵柄は仲間内にと思ってアップしたものを
どうも野上武志さんが勝手にTwitterで公開しちゃっていたらしいけれど、
まぁこれはお遊び兼ねた無料の宣伝用の絵だし(編集部にも話はしてあるし)
見た人が少し楽しんでもらえればそれでいいかなという感じ。

昨日お昼に遅ればせながら、前述の次回連載の脚本ができたので、
X'masを兼ねた夕食を作ってと頼まれていた、野上さんのところへ。
食材の買出しのついでにと、予約注文していたケーキの引き取りも請け負う。
スタッフさんから「駅の向こう」とだけ言われて予約票を受け取って、
駅の向こうと思われる所へ出ても洋菓子店は全然見えない。
自分も正確な場所を確認しないまま出てしまったので、
あちこちの路地をさまよって、同じ道を何度も確認して、
困って弱って、戻った駅の反対側の交番で確認してやっと判明した。
本当に随分向こう側だった。
それで予約票を手に握って店内に入る。
5人ほどのお客さんがいて、
その先客の注文が済んでからと思い控えていたら、
その5人とはまた別で、僕より後に入店した人へ店員さんがどんどん声をかけて、
予約したケーキなどを手渡していく。
先客の5人は予約ではなく当日、単品のケーキを買い求める人であり、
レジの目の前に立って、予約票を持っている僕をスルーして、
入口から入ってくるお客さんにばかり声をかけていく。
そうして後から来た4人に先を越されて、
本当に泣きたいほど悲しくなって
レジに「無視しないでください。こうしてずっと待ってますけど」
って声を荒げて驚かれた。
驚かしたくなんてない。
ただ、本当に避けるように無視をして欲しくなかっただけ。
そのあとは店員の人は平謝り。
それでケーキは無事に手元に渡された。
僕はそういうことがとても多い。
一人で食事やお酒を呑みに行って、
注文をとることさえ忘れられて数十分放置なんてことがざらにある。
今日のように人のお使いであれば、声を出す勇気もあるけれど、
僕は僕自身のためであるならば、基本的には黙って待っている。
僕は僕が大嫌いなので、僕自身のためには頑張らない。
取り立てて主張にも出ない。
相手が僕に気づいてくれるのを待って静かに控えているだけ。
だから数十分。そのまま店を出ることもある。
影が薄いんだ。
普段も自分から口火をきって誰かと話をするのは苦手。
楽しそうに喋る相手の話を、聞いているのが好き。
だから、僕と呑みましょうって声をかけていただいても、
自分からは大した話題も振れないし、
大した人間でもないしと黙っているので、
こんな僕と一緒にいて楽しいわけがないからと臆してしまうことが多い。
ガッカリさせているだろうなと、悲しくなることが多い。
だから自分が嫌い。大嫌い。本当に嫌。
でもそんな自分だからこそ、誰からも相手にされないのだという意識を強くする。
つまり当然なのだ。自分が悪い。
そうして、洋菓子店で物凄く凹んだけれど、
野上さんたちが夕食を楽しみにしてくれていると、気分を奮い立てて、
X'masの曲をかけ、晩御飯を作った。

僕はあまり細かく材料の分量を気にしない。
自分の料理のイメージと舌の感覚で作りこむ。
本やネットでレシピを眺めても、参考程度。
余りもので献立と味のイメージを考えるのが好き。
絵を描くのと同じで、ライブ感と素材との即興性を大切にする。
漫画の描き方と同じように音楽的な感覚に基づく。
そして昨夜のその大雑把なレシピ。(作った順)

【トルコ風ホウレンソウのソテー】
1.フライパンを温め、オイルをしいて、ベーコンとチューブのニンニクで香り付け。
2.そこに切ったホウレンソウを入れて炒め、皿に盛る。
3.プレーンヨーグルトに塩とチューブニンニク、オリーブ油を適当に入れて混ぜる。
4.ソテーしたホウレンソウに3をソースとしてかける。
5.刻んで軽く炒めた赤パプリカと、松の実を4へ更に乗せて完成。
(緑のベースへ白い雪に見立てたヨーグルトソース、そこに赤いパプリカと白い松の実でX'mas風に)

【白身魚のロースト、根野菜ソース】
1.メカジキがなかったのでブリの切り身に塩を振り、数分寝かせる。
2.フライパンで油を温めたら、ブリを焼き目がつく位じっくり火を通す。
(途中で料理酒を入れて臭みを除いたり、蒸し焼きの工程を加えたり)
3.魚が焼けたらフライパンを改める。(魚の油の臭いが残りすぎるから)
4.小さく刻んだカブ、カブの葉、ニンジン、タコを塩で炒める。
(風味は野菜とタコからでるので塩だけ。隠し味にチリペッパーを少々)
5.魚に4をかけて完成。
(4は水分が自然と出てソースになる。水溶き片栗粉を入れると中華風にw)

【なんちゃってホットワイン】
1.鍋に安物の赤ワイン1本を入れ温める。(750ml480円のライトボディ)
2.沸騰させないようにしながら、100%オレンジジュース少々、クローブ数個入れる。
3.砂糖を入れながら甘さを調整。シナモンパウダーを振って更に香り付けして完成。
(他の果物を直接煮てもいいし、ショウガを足しても可)

【骨付きラム 柿と黒酢のソース】
1.ラムの両面に塩、黒胡椒、適当なハーブ類を振り、数分寝かせる。
2.ラムを熱したフライパンで油をひかずにそのまま焼く。
3.赤身などないようよく焼けたら、肉はOK。
4.そのフライパンのまま、刻んだ黄パプリカ、柿、エリンギを炒める。
5.そこに黒酢と醤油を適当に加える。
6.味見をしながら、塩や砂糖などで味を調整してソース完成。肉にかける。
(今回、砂糖の代わりに熟した柿を利用して甘みを出した)

これらの料理に、出来合いのつまみや
松田重工さんの作った、炊き込みピラフなどで酒盛り。
ピラフがあると聞いていたので、ご飯にも合う料理を心がけた。
19時頃から呑み始めて、23時までまったり過ごした。
そしてあのケーキもとても美味しかった。ちょっと悲しさは残っていたけど。
野上さんはまだコミケと連載の原稿があるとのこと。
でもMery Christmas!

連載の20話で古代の奏でるハーモニカの曲は、自分にとっての大切な曲に変更しちゃった。
高校生の頃に音楽の扉を開いてくれたものの1つ。
邦題の「帆を立てて」は誤訳だと思う。
直訳では正しいけれど、船を知らない人の訳だ。
畳帆がその意味になるはず。
恐れずに航海に出よと背中を押してくれる曲だ。
僕のblogを訪れてくれるありがたい方々にプレゼントとして。

|

« 年の瀬へそして年明けへ | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »