« 僕がオセロゲームをする理由 | トップページ | そしてCOMIC☆WALKERスタート! »

2014年2月20日 (木)

このラーメンは!

荒川区民は豚骨ラーメンが嫌いだ。 
僕はこのことを10年近く検証し続けて、 
同時にその豚骨の絶望的貧困に苦しんできた。 
スーパーの売り場担当者には 
「売れないから置かない」という明言を聞かされ、 
たまに間違ったように豚骨店が出来ても、 
不味いか、サービスが悪いかで短期間で消えるか、 
はたまた埼玉県が本社のチェーン・日高屋のように 
まがい物のような豚骨ラーメンを出すところで、 
ガッカリさせられることばかりだ。 
荒川区の周辺、足立区や台東区、北区には 
名店と呼ばれる豚骨の行列店も多いのに、 
現状でうちの区にはサービスも味も薄い博多の系列店が1軒のみというこの豚骨砂漠。 
ラーメン成分を身体がどうしても欲するときは、 
やむなく北千住へ出かけるか、 
近所の愛想とサービスの良い味噌ラーメンの店に赴く。 
(オイラは下町生まれだけど醤油ラーメンは大大大嫌い) 
スーパーで数ヶ月に一度、マルタイの豚骨乾麺が入荷すると大量購入。 
そんな空しいラーメン生活を送っていた。 

ところが風の噂で、濃厚クリーミィなスープのラーメン屋が荒川区にあると聞こえてきた。 
脚本も仕上がったことだし、探検ぼくのまち! 
自転車で荒川深部へダイブしてみた。 
そうしたら変な路地にあった! 
その名も「らーめんタンポポ」。 

Tanpopo
(写真はネットの拾い物:僕は食べる場所へカメラ持ちこむの嫌なので) 

東京都荒川区荒川6-53-11 
営業時間は、11:30〜14:00 + 18:00〜22:00 
定休日は不明 
https://twitter.com/tanpopo2013226 
Twitterのアカウントみると、どうやら去年の2月に開店みたい。 
伊丹十三の映画「タンポポ」と店名も味も関係ないみたい。 
店内はレゲエがかかっていて、店主もレゲエ風なヒゲ面w
「笑っていいとも」とか流れてる店は料理が美味しく感じない。
ああいう狂騒的なものが食事時に相応しいと考えられない。どうかしてる。
なのでこうした音楽は心地よい。


11時45分頃に入店したので客は僕一人。 
メニューは 
あっさりシジミの「タンポポらーめん」 
ほっこりこってりの「とりまみれらーめん」 
の2種類のみ。 
当然僕はこってりの砲を注文。(トッピングに白髪ねぎ) 
あっさりで醤油ラーメン出されたら血涙ものだし。 
ラーメン1杯にしっかり時間を使ってくれているのが好印象。 
チャーシューを炙っていたりと、手際はいいのに手数をかけている。 
出てきたラーメンはまるでポタージュのような濃厚なスープ! 
純粋な豚骨ではないのだけれど(鶏白湯?) 
鳥や野菜の旨味とコラーゲンスープのようなたんぱく質系の量感がある。 
(実際、食べたあとの唇がコラーゲン鍋のあとみたいにベタベタに) 
熊本ラーメンのような強烈な動物臭は皆無。 
天下一品ラーメンよりは軽いけれど、 
それより味が滋味深い。 
麺との相性もいいし、 
スープの濃厚さが蓋をして冷めるのが遅い。 
チャーシューは豚かと思ったら鶏チャーシュー。 
臭みがなく、繊維質で解れやすく、かつ焼き目がほのかに香ばしい。 
メンマは太めで存在感がある。 
青菜があってもいいかなと思うけれど、 
青臭さはこのスープの旨味を上書きしちゃうだろうから 
主張の少ないチンゲンサイあたりが限界だろう。 
現状の白髪ねぎなど、ねぎ系の辛味と臭みのほうが良い。 
これは荒川区に近年なかった素晴らしいラーメンだ。 
食べているうちに昼12時を過ぎ、お客さんが来たけれど、それでも5人ほど。 
やはり荒川区民はこうした類のラーメンを敵視しているようだな! 
以前、「中国嫁日記」の井上純弌が僕に向かって 
「アンタとあさりよしとおの褒める漫画は絶対に売れないから、俺の本を褒めるな!」 
と言ったけれど、 
(ゆえに僕は仮にたまに面白くても彼の漫画を褒めてない。友達だしね) 
でもね、僕は本当は好きなものは堂々と褒めたいんだ。 
褒めると潰れちゃうかもだけど、褒めたいんだ。 
美味しかった。 
店主に「ごちそうさま。美味しかった。また来ます!」って言って店を出たよ。 

追:とりまみれらーめんは¥700 白髪ねぎなどトッピング類は各¥100

|

« 僕がオセロゲームをする理由 | トップページ | そしてCOMIC☆WALKERスタート! »