« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月 1日 (日)

2017年 新春の慶びを申し上げます。

あけましておめでとうございます。
17s

大晦日のコミケット91でお越し下さった皆様。
ありがとうございました。

久しぶりにお会いできる方も多く、 
楽しい時間を過ごすことが出来ました。 
また、新設になった東7ホールが人の波で大混乱だったゆえ、 
思うように御挨拶に伺えなかった方々におかれましては 
非礼をどうぞお赦し下さい。 
この数年はヤマトの連載に追われて、なかなかまとまった同人誌を作ることが叶わず、 
今回も在庫を持参するだけでしたが、 
今年はプライベートな時間を前よりは少しとれそうなので、 
亡くなったイワえもんとの「年1冊は同人誌を作ってコミケに出よう」という約束を 
また果たしていきたいです。 
売り子を手伝っていただいたKIYOさんと話している中で、 
(事実上、お店はKIYOCLUBに占領されていましたがw) 
誌面に参加してくれる描き手さんたちが 
いかにワクワクして、楽しんで、そして挑戦的に絵を描ける場を作るか、 
手にとってくれる読者が受取る 
驚きや懐かしさの中の新しさといったドキドキを 
いかに大切に考えているか語る彼の言葉に触れ、 
改めて同人誌というものと自分の立ち位置を考えさせられました。 
オリジナルの個人誌はさておき、 
もっぱら参加することの多い二次創作的なものは、 
営利を貪欲に追求するスタンスは好まないということ。 
僕にとっては友達を作っていく場であるからであって、 
同人誌で生計を立ててしまうようなまでの利益追求は 
そもそも目的や理念に該当しないからです。 
そして僕は元編集者であったこともあり、誌面企画における 
二番煎じ、二匹目のドジョウ、成功の合成、売れ線のルーチン化 
といったクリエィティブな志向とは程遠い心の甘えが大嫌い。 
編集者時代に年間企画を練る会議では 
読者や関係者に好評な連載企画は2年で打ち切ることを強く主張してきました。 
「ウケているのにその必要はない」と反対する人が殆どでしたが、 
そういう成功の踏襲が、 
結局は読者の心や伝えるべきもの、表現の自由さから乖離して、 
惰性と思考停止したルーチンに支配されやすいこと、 
また編集者が新しい企画を考えるという 
最も大切なことへのノウハウや精神性を養う機会を奪うからです。 
仮に新企画が振るわない結果でも、そこから反省し、失敗を活かして 
新しいものを生み出す糧になります。 
出版不況で組織としてはそうした冒険的な暴挙は好まれない時代でもあります。 
でも個人としてこのマインドは失ってはいけないし、 
ましてや同人誌であれば、なおさらその自由は自分にあります。 
そして二次創作で扱う作品や題材に、編集する立場として 
愛情は持っているか。興味を持って惹かれているか。 
誌面に参加する描き手にその魅力や楽しさを伝え、 
一緒に作っていく心と場を作っていけるか。 
それを本という形にすることに気持ちを注げているか、 
自ら手間をかけているか。 
そういう姿勢やマインドを欠いて創意も愛情も手間もかけないなら、 
原稿を寄せてはしてくれても周囲の心はやがて離れていってしまうでしょう。 
原稿料などが基本的に発生しない同人誌であるがゆえ、 
描き手が参加することで感じる喜び楽しみが大切だということは 
疑いのない現実だと思うのです。 
描き手であり、編集者でもあり、もちろん読者である僕は 
手に取った同人誌に、それを感じるかが、最終的にその本を好きになれるかの 
基準になっている。 
で、同人誌とかで自分が参加してて、 
編集のこととか気になって、 
本のタイトルまであれこれ言いたくなるけれど、 
基本的には相談されるまでは我慢。 
相談されるとヒントとかブレスト的な関わりはするけど、自主性を尊重。 
そして本が発行になると、あとからぶーぶー文句を言う。 
というそこがいけない!でもさぁでもねーだってねぇ。 
ということで、KIYOさんには 
新刊のタイトルが良くないとか、表紙の色やデザインが前回と大差ないとか 
色々あとから難癖つけておりましたです。 
あいすみません。 

コミケ会場からの帰途、 
KIYOさんと夏の次、来冬のテーマをどうしようという話題になって、 
そこでやっぱり、 
描く人も読む人も、驚いてワクワクして、意外性に挑戦し甲斐があって、 
それでいて笑っちゃうような 
そんな題材にしようとあれこれ考えたりしていました。 
そこで僕が提案したのはこんな企画。 
1. キャンディキャンディ 
 作者間のトラブルで和解になるはずもなく、封印された超有名作品。 
 アニメや原作に触れる機会は失われ世の中に既に知らない世代も多い中、 
 知っている人は懐かしく。知らない人は想像の「キャンディ」をイメージする! 
 題して「幻のキャンディを求めて」 
2. ロウきゅ〜ぶ 
 ハードなタッチを得意とするKIYOCLUB参加の描き手の方々が、 
 究極に苦手であろう、この萌え絵の頂点を目指す、過酷なトライアル! 
3. デレマス 
 懐古的なテーマが続く中で、もっとミーハーなものを追求することで、 
 オッサンの描き手を動揺させるべく、アイドル路線をひた走る! 
 KIYOさんがラブライブを渋るので、デレマスに。 
 なんでデレマスかというと、しぶリンが可愛いから! 
 仮題「デレマスdeデレます!」 
4. おねしょた 
 劇場版999で幼い心に刻まれた究極のおねしょたに感動したオッサン。 
 半ズボンの少年の無垢な肢体にときめいたオネエサン。 
 その感動を絵に閉じ込めたい! 
 KIYOさんに最も似あわなそうなネタ狙いで。 
5. 昭和ヌード 
 18禁ではない昭和を冠したヌードというテーマへの試行錯誤を描き手は深めつつ、 
 編集する方は最終的なパッケージでビニール封をするという、 
 ビニ本を知らない世代にその存在を訴えかけるKIYO的オヤジギャグの極地。 
 タイトルは「エロディストピア」 
と、30分くらいの ゆりかもめの中で考えてみたのですが、 
KIYOさんはどれも笑いながら逃げようとするのでありました。 
そしてそのまま、KIYOさん配下の方々とコミケ慰労会の宴席へと雪崩れ込み、 
日本酒をたらふくいただきながら、美味い料理に舌鼓を打つ頃に、 
これら5つを吹き飛ばすような物凄い企画が参加者から出て、僕は脱帽。 
宴席はそのテーマに盛り上がり、凄まじい熱気に包まれました。 
来冬のKIYOCLUBに乞うご期待! 

ということで年が改まりまして、 
特に正月らしい料理を作るわけでもなく、 
買い置きで簡単な食事をしたところです。 
元旦くらいは冷蔵庫の奥にしまってある 
小布施ワイナリーの日本酒「ソガペール エ フィス」でも封切しようかな 
と思っていたのですが、 
昨晩、しこたま飲んでしまって、お酒は今日はパスな感じゆえ、 
このあとは漫画は一休みで企業依頼のイラスト仕事を進めていきます。 
3日はひとりぼっちで正月を過ごすオッサンを集めて新年会を企画しました。 
名づけて「ドキィ!ぼっち男ばかりの胸キュン新年会!!17年は愛の戦士たち?」です。 
そこで日本酒をまた沢山飲むからいいもんね!
そんな感じで、また1年、お付き合いいただける友人に感謝しつつ
頑張ってまいります。
本年もどうぞよろしくお願いします。

1/17のヤマトーク第5週にお越しの方は、そこでお会いしましょう。

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »