« ヤマト三昧のラジオでした | トップページ

2018年6月11日 (月)

エンディングイラスト

上映中の2202第五章、
劇場先行販売のブルーレイなどのパッケージ版では
今回エンディングに僕の描いた絵を使っていただいている。
そこに至るまでの話と、
執筆の技術的な側面について
いささか専門的かもだけれど触れてみようと思う。

第四章の公開を控えていた辺りの頃、
スタジオから第五章のEDイラストを描いてみる気はないかと打診があった。
自分でお役に立てるのであればよいのですがと、
まずは羽原監督とお会いして色々お話をうかがった。
そのタイミングで18話までの絵コンテはモニター設定の都合で
すでに目を通してあったので、なかなかに重い幕引きになるなと印象を思っていたのだが、
監督はそこへ子守唄のイメージで曲を発注してあるとのこと。
それに柔らかいタッチでの僕の絵を所望されていた。
お話をしていく中で、僕の中でも絵柄のイメージができてきたので、
お手伝いができそうと判断し、お話をお受けした。
監督がお考えになっていたことや、
ディスカッションで出てきた言葉を当時のメモを振り返ると
以下のようなものになる。
 柔らかいタッチの絵 水彩画的なものか
 命 優しさ 救い 和やかさ 
 艦内の日常 集団ドラマとしての場面
 古代ユキは控えめに
 フィルムにないシーン可
 翼と真琴 親子の交感
 艦内だけでなく、地球に残った者でもよい
 よって、百合亜もOK
 人物描写だけでなく、私物や写真など存在の痕跡
(肉親から贈られたもの 安心できるなにか)
 美しい瞬間
 ヤマトの現在だけでなく、遡った時間軸のイメージも。
 ×悲しみ ×戦闘 ×透子 
ここから、僕の方で多めにイメージラフを起して、
監督から選んでいただいたもので絵コンテに入り、
僕は彩色へと進んでいくという流れになった。

水彩画的なタッチで描かれたアニメのEDとして
自分の中で一番最初に思い浮かぶのは、
「君に届け 2ndシーズン」の映像。

これを見ると、水彩調で描かれた絵を一枚絵として打ち出さず
素材として巧みな撮影で重ねていって雰囲気を構成している。
羽原監督のEDイメージの自由度を上げていくには
僕の絵で限定していくというより、
素材として扱いやすい絵なり、描き方なりをしていく必要があると考えた。
なので紙に絵具で塗っていく方法ではなく、
データ上での彩色でということになる。
(素材の切り抜きやにじみ部分の透過性などは紙への彩色では難しい)
僕の描いたEDイラストというと「2199追憶の航海」がある。
自分としては色々反省点も多く、
特に筆致についてはもっと水彩画のタッチを強調したかったのに、
PC上でのスキルが足りずに、中途半端になってしまっていた。
今回の監督の求めるものは、
よりタッチを注視していかないとならないと受け取ったので、
ラフを描くだけでなく、技術の試行錯誤を始めていくことになる。

絵に関しての僕の使用ソフトは
Adobe Photoshop 6.0
PGN openCanvas 4.0
どちらもかなり古いバージョンだ。
Photoshopは2000年、openCanvasは2006年。
後者は水彩の滲みの筆致には弱く、
前者はフリーのブラシ素材で多様な水彩筆致を実現しているものの、
6.0ではその殆どを利用できない。
唯一見つけた使用できるブラシで塗ったのが「追憶」だったりする。
その反省に立ち、
今回は新しいソフトウェアの導入も検討した。
その最有力候補だったのが、Expresii。

水彩表現の再現では驚異的とも言えるソフトなのだけど、断念。
大きな理由はクレジットカード購入を自分はできないから。
以前に社長として会社を倒したときに、家や預貯金など全て手放し、
その上でなお金融機関に迷惑をかけたこともあり、
自分はカードを持てる身分ではなくなってしまったのだ。
従業員や取引先に誠実にむきあって働いても
人生に決定的な傷と責任を負うことはあるもの。
中小企業経営者は日大とか東芝とかのような大組織の卑怯で無責任な道はないのだ。
そういうことで、
では、Photoshopの機能を使って、自分で水彩ブラシを作ろう!
という基本といえば基本の方法で臨むことにした。

並行してラフを進めていく。
2月8日にヤマトークに出演の折に福井さんから、
パッケージ用の1分半の尺だけでなく、
劇場EDにも使うかもしれないというお話もいただいていたので、
ラフの数は少し多めに描いた。
結果的にはパッケージ版だけということにはなったが、
イメージが多いほど、羽原監督の選択肢は増えるので作品のためには良い。
途中、楽曲のデモや歌詞を頂戴しつつ
以下のような着想で絵を描いて、ここから選んでいただいた。
 眠る子。翼のようであり、島のようであり、女児のようでもある。象徴としての眠る子。
 在りし日の空間騎兵、桐生親子も入った集合写真・斉藤の私物
 ふざけあう航空隊の男連中
 ペンダントを見やる玲
 ウサギのぬいぐるみを抱きしめる西条
 内緒話を耳打ちする孫娘と徳川機関長
 作業卓で仮眠をとる真田
 ひそひそ話のヤマト女子部
 眠る島大介、O.Lする母ひざ枕の幼い島
 対局中の将棋の駒を失敬する太田と慌てる南部、気づく相原
 名もないヤマトクルー達
 艦長室で沖田を思う土方
 風になびくユリアの髪
 地球で短い休暇中の古代とユキ
 イリィのジャンプ
 加藤一家の団欒 翼と真琴の笑顔。父の贈ったファルコンの模型
 家族を懐かしむコクピットの加藤
 笑顔の翼(または眠る子の目覚め)
ラフのいくつかは止め絵ではなく、簡単な動きのあるイメージも混ぜてみた。
結果的には不採用だったけどw01_rough
ラフの提出では自分としての彩色の提案もしてみた。
水彩調で人物を塗った上で、
背景の「たらしこみの絵具の滲み」の部分だけその色が表示されるというもの。
この背景の滲みを浸透させるような広がりで
止まった絵にも動きが与えられるかなという発想。
この提案は監督の絵コンテに採用されていく。

02_test
では今回の技術的課題とどう向き合ったのか。
①水彩ブラシ作り
水彩絵具で紙に濃淡やにじみを大小にいくつも描き、それをスキャン。
それを濃淡を意識しながら色を除くグレイ化。
Photoshop6.0のブラシは実験したら縦横1000ピクセル未満なので、
その大きさに収まるようブラシとして登録。
水彩タッチの濃淡が生かされた不定形なブラシが出来る。
様々な形状で作成し、自分の筆致や狙いにあったものを最終的に登録。
近年のCSなどのバージョンに比べて6.0は
出来上がったブラシの筆圧や調子などを加減する機能がほぼないので、
あきらめと覚悟が大事。
②実験・出来たブラシで試し描き
ブラシを単純に利用して彩色をしてみた。
これがまったく思ったとおりに塗れずに大失敗。03_test
水彩の色調を出したいのにブラシの大きさや濃度をコントロールできず、
結果、筆先の曖昧さ不自由さをさらしながら、
僕の普段のアクリルっぽい色調やタッチに流れてしまう。
自分の最近の塗り方は、レイヤー数を極力減らし、
人物などは1枚だけで、隣り合わせた部位の混色をも即興的に取り込む
音楽的な勢いを大切にしていたのだけど、
自作水彩ブラシではそれがまだ制御できなかったのだ。
③彩色工程の見直し
その失敗の反省にたって工程を見直した。
EDの絵を例に示してみる。04_ed1
肌や髪、服などパーツごとに塗り分ける(マスク作り)。
マスクの色は白。ないしは薄いベージュなどベースの色に使いたい色に塗る。
僕の場合、目指している雰囲気が淡彩画なので、白。
そのマスクの領域を保護し
ブラシのサイズや筆圧を強弱しながら筆先を調節してスタンプのように色をおいていく。
これで白地が発色を保ち、塗りこみ過ぎを避けて
にじみや色むらを出しながら、必要な面積のみ塗れる。
ただ、この下地のマスクをかっちり作り過ぎると
パーツの境界に柔らかさを失い、紙に塗った水彩画の雰囲気から遠ざかる。
そのためにエッジは小さく不規則な水彩ブラシなどで曖昧に作っておく。
そうすることで隣の部位に色がにじんだり流れ出して、
程よい混色や即興性が生まれる。05_ed1
④線画
水彩的印象を強めるために、線画は普段より小さいサイズで描いた。
イラストの多くはA4サイズで600dpiの解像度にしているが、
今回はその半分のA5サイズで描いている。
これで線が太い印象になり、鉛筆のタッチもより強調される。
ハイビジョンの画質とは、印刷物を扱う自分達から見ると、
実はとても低かったりする。
それが秒30枚で連続されることで情報密度と目の残像の効果で高画質になる。
なのでA5サイズ600dpiでも十分に大画面に耐えるのだ。
昨今のアニメはHD画質を求められる中で線がどんどん細る傾向にあるけれど、
逆の発想もできるのだ。
ちなみにこの加藤一家の絵は各人を撮影処理で重ねたいという演出の要請があったので、
線画も彩色もそれぞれ別に描いてあったりする。

⑤背景
大きな水彩タッチの面が求められる背景素材は、
1000ピクセルがMAXのブラシでは表情やタッチに限界がある。
(ブラシ形状のパターンが気取られてしまう)
そのため、デジタルではなく、
やはり紙に実際にいくつも描いてスキャンし、
さらにそれを変形や変色、合成を重ねて作成している。
その素材にPhotoshopで「マジック消しゴムツール」を用いれば
白い部分を削除してくれる。
この背景素材に対して、彩色のレイヤーをグループ化してやれば、
素材の上だけ色が表示される。06_ed1

こうしてデータを作成し、スタジオに納める。
監督のコンテに従い、
撮影処理をされてEDの出来上がり。
自分としては、絵をそのままダイレクトに使用されると恥ずかしいので、
少しクッションというか、深みを出すために、
たとえばふわふわしたハレーションみたいな光が重なるとか
チラチラと光りながら舞うホコリとか粒子とか小さな花びらのような
撮影処理をリクエストしたのだけど、
かなりギリギリのスケジュールになってしまっていたので、
実現はしなかった。

BDなどのパッケージ版のみ観ることができる映像だし、
劇場先行で発売はされたものの、
正式のリリースはまだ先であるため、
評判や感想はあまり聞かれないけれど、
こんな絵が収録されているので、
見ていただければ嬉しい。

自分としては空間騎兵の絵が
気に入っているかな。Ed5_3_color

|

« ヤマト三昧のラジオでした | トップページ