« 2019年5月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月29日 (木)

ガルパン「コミカライズトークショー」でした。

昨夜の新宿バルト9でのガルパントークショーへお越しの皆様、ありがとうございました。
ミリタリーにまったく詳しくないことや人前での話がそんなに得意ではないので、
仕事をしつつ色々と想定問答を頭の中で何度もしてみたり、
週に一度も人と会って言葉を交わすことがなかったなんて生活をしているため
時折本当に声の出し方を忘れてしまうことがあるので
家で発声練習をして当日は臨みました。

蓋を開けたら野上&鈴木ブラザースの掛け合いが炸裂して、
会場は自分がいなくても十二分に楽しい雰囲気に。
老婆心から予め用意した話題の3割も喋る必要がなく、
横でニコニコしていればいいだけの30分でした。
お客様の反応的にはそれでよかったのかなと思ったり。
やはり戦車に詳しい人の描く人気作品の話題に興味があるものでしょう。
コミックスも出ていない自分の話などはオマケ程度のもの。
僕は宴席でも殆ど自分から話題をふることはせず、
相手の話に耳を傾けている影の薄いタイプなので、
すっかりそのモードになってしまい(登壇者なのに!)
あまりにも喋らないというか、
ビッグブラザースの会話に気おくれして絡めないままなので、
司会進行ではないはずの杉Pが心配して、話題の水を向けてくれるありさま。
それに応えてぽつりぽつり喋るのだけど、
場がしらけるのを危惧したビッグブラザースが絡むように話題を盛り上げて、
いつの間にかまた二人で喋ってるという展開にw
彼らはもはや芸人のようだ。

恐らく多くの参加者はああいう舞台上での展開に、
今のTVバラエティ的なスピード感やリズム、掛け合いを自然と求めるのだと思う。
ガルパンの関係者はその意味では弁が立ち芸達者な人が多いので脱帽です。
僕は自分のことを話そうとするとクドくて長いので、
ああいうテンポで会話のキャッチボールを求められる場は、
話したい本意に触れる前の導入部で、流れと筋道が寸断されてしまうので、
気圧されてどんどん寡黙になる。
(思ったことをしっかり言い切るには、周囲の圧に負けない強い気力や存在感が必要なのです)
昨夜参加されたお客様は「コイツは何が言いたいのか」と思われたのではないでしょうか。
難しいです。
本当にたくさん話すことを用意していたのです。

僕は連載のお話があった頃から、自分らしい作品を模索する意味で
ガルパン関係の漫画を一切読まないようにしているため、
他の漫画家さんと描かれている作品を話題にしたキャッチボールができないのです。
野上さんの「リボン」もアシスタントに入るときに
連載の数話分を読ませてもらう程度に過ぎません。
もの珍しいから自分に舞台へのお声がかかったけれど、
そんなだから皆のあてが外れてしまっていたのではないかなと思います。
そこを旧知の野上&鈴木さんに救われたという構図だった感じです。ありがたや。

プラウダ戦記の吉田創さんが
「野上先生もむらかわ先生も内部から様々な援助が得られて羨ましい」とつぶやかれていたそうですが、
僕は内部からの援助なんてまったくないので頭の中が?????と疑問符だらけ。
サンダース高校のキャラ設定もないからネットで画像検索して資料にしてたくらいなのに。
(あとでそれを哀れんだ才谷屋さんがくれた)
公式から貰ったのは初期プロット案の全ボツだけ。
何をもって様々な援助なのだろう。
それこそ吉田さんと違って戦車の知識や素養が素人以下で何にも無いから、
自分で図書館で調べたり、詳しい人に尋ねて必死に描いてるのだけれど。
昨夜、あまりに喋らなかったからそういう誤解が生まれるのかな。
というか寸断された話題の断片ばかりになってしまい
色んな人に誤解を与えた時間だったのかもしれません。

う~む。やっぱり人前に出て、自分のペースが掴めないままろくに何もできなくて、
華やかに場を盛り上げていける話術も話題も素養もある人を横目で見て、
ぽつねんとしているところを気遣われて、
無理して頑張ったあげく滑ってるっていうのは、
心の中をごっそり削られてしまって、
実際は相当に凹んでいるんだなと気づきました。
全部自分が悪いのか…orz

ありがとうございました というより
スミマセンでした ですね。

|

2019年8月 2日 (金)

コミケット96に参加します。

連載の執筆の合間に告知など。
前回、いわゆる冬コミは抽選に漏れて不参加になりましたが、
今度の夏コミはサークル参加いたします。
またお手伝いや寄稿を含めて3つのサークルにも関わっています。
まずは自分のところ「むらかわみちお党」。
3日目(8月11日)日曜 西J-40a
新刊が出ます。
01_hyou
ヤマトもガルパンも載ってないカラーイラスト集になります。
近年、あちこちで描いたイラストをまとめました。
泣き顔の表紙とか、もう売る気無いんだろうと言われそうですが、
なんかニコニコ営業スマイルな絵もどうかなぁと思って。
購入者にはオマケとして現在ComicWalkerで連載中のガルパン漫画
「樅の木と鉄の羽の魔女」の特製クリアファイルをおつけします。
(ちゃんと委員会のOKのあるものですよ。ようは連載の宣伝用)
Colora4_310220_a_fix
スペースでは前日2日目に出店のKIYO CLUBの新刊類も委託販売します。
2日目に来れない方はこちらでどうぞ。
KIYOさんも一緒にいます。

2日目(土曜日)は二つのサークルで。
1つは「KIYO CLUB」。
南オ-01a
KIYOさんの新刊は平成魔法少女の108頁もの大特集本。
Ear7w18ucaacrmi
フルカラー100頁超えの同人誌を手ごろな価格設定でお分けしようとすると、
かなりの部数を刷らないといけないし、印刷費も大変な額になる。
つまりKIYOさんは老後資金を削るような覚悟で臨んでいる。命がけなんだ!
「豪華な本ですねー」って表面だけでなく、その覚悟も理解していただきたい!
しかも購入特典にクリアファイルつき!(3種類から1つをチョイス)
まさに出血サービスだ。すごいぜKIYOさん!
オイラは「魔法少女特殊戦あすか」で参加してるでチュー!
Eakljweucaabjf6

そしてさらに過去のヤマケットで発行した小冊子の総集編が出ます。
ヤマトファンの多くがスルーしたエロマンガ先生とのコラボ画もすべて収録。
海外のヤマトファンのRayさんの特集ページもあるそうですので、お楽しみに。
当日はオイラもKIYOCLUBの販売奴隷として参加しております。
KIYOCLUBでは僕の新刊はありません。

もうひとつは「Factoryきゃの」。
南オ-12b
恒例!2019年夏までのポニテ本だそうで、その表紙画を描かせていただきました。
冊子はモノクロ版です。

あとは出展日を調べてませんが、
「日本晴」でエディトリアルの手伝いを。
今回は あさりよしとお版「ガルパン三世カリオストロの城」の最終版。
Girlupin_2019cover_fix2
過去から最新作まで、あさりさんのラフ画を全リマスターし徹底収録。
自分は本文のレイアウトや表紙の構成と彩色もやってます。(25頁以上)
見つけたら覗いてみてください。

ということでどうぞよろしくお願いします。
しかし暑いですね。
こんな時期にほんとに来年、オリンピックやるの?
馬鹿じゃないの?
え?コミケもいつも盛夏だ?
いいんです。僕らバカなので。

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年9月 »