« ガルパン「コミカライズトークショー」でした。 | トップページ

2019年9月16日 (月)

いろいろ

ガルパンの連載は無事に掲載されました。
Instagramの投稿がPCからできない状態でもあり、こちらに報告ということで。
ネームはもう少しあるのですが、力不足で今回も10頁少々。
牛歩のごとき歩みながら、今回の掲載分を執筆しているときに
これまで何頁くらい描いたのか初めて振りかえってみたらものすごく驚いた。
120頁以上になってました!
原稿を描くスピードが思ったイメージでないため、すっかり、積算した量の感覚を失ってました。
ところが最初に組んだ物語のプロットの消化はまだ半分。
角川のコミックスの頁数は150~200の間が基本なので中途半端極まりない形に。
プロットを組み替えて、短くするか、2巻構成にするのか思案中です。
Twitterのアカウントもなければ
ニコニコ動画のアカウントも持っていないため、
読者の感想がほとんど聞こえてこないので、
連載をどうしたものか、出版社の事情と自分の中の物語性しか頼るものがなかったり。
ううむ。

先日、担当編集さんと話していて、
ComicWalkerのバナーや連載第1回のカラーの色が
こちらの提出した色と大きく変わってしまっていることに
気づいていなかったことを知りました。
伯爵高校のパンツァージャケットは
第一次大戦時のルーマニアの軍服の意匠や色をベースにしているので、
少し青みを帯びています。
自分のデジタルでの色の塗り方は
デザイン側が注意せずにあれこれ手を加えていくと
その過程で色が大きく変わってしまうような作りをしてあるので、
こうしたことになったのだと思います。
(普通に扱えば変色はしません)
なのでバナーを試しに自分で作ってみました(右)。
8697012

ちなみにジャケットから覗くスカートは
ルーマニアの民族衣装を下に着ているのもので、
7話のアンナを描いた扉絵で図解をしてみました。
普通の制服は、
僕の母校である浦和市立高校(現・さいたま市立浦和高校)のセーラー服をベースにしています。15488543741548854456
なので色は全部紺色でラインは黒。
夏服の半袖だけ絵的な色のバランスでちょっと違う仕様にしてます。
埼玉県内では人気のある制服なので気づいた人もいたかもしれません。

|

« ガルパン「コミカライズトークショー」でした。 | トップページ