« 2019年12月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年2月

2020年2月27日 (木)

サイン会は延期です。ごめんなさい。

3/15に開催予定だった大洗の海楽フェスタが延期になりました。
自分と才谷屋さんのサイン会はその前日3/14に催すことになっていましたが、
角川と書店さん、そして我々の協議の上で無期延期とさせていただきます。
https://comic-flapper.com/information/entry-11274.html
おそらく大洗の商工会も同じように意識したと思いますが、
「延期」という言葉に
ちゃんと気持ちに応えたいという意思と責任を込めているつもりです。
ですので、サイン会の整理券はどうぞ そのまま保存をしていてください。

14、15日は自分はオフのつもりで大洗に行く予定を変えていません。
書店の江口又新堂さんにもお礼の挨拶をしに行きたいし、
少ないながらも顔馴染みになった方々にも会いたいので。
これまではどうしても外様である自分を意識していましたが、
単行本も出て、ようやっと一歩お近づきになれるかなと思うのもあります。

そんなこともあり、いまだ新参者ですから、
顔を知られていることは大洗の地元も、ガルパンさんたちにも殆どないですが、
もしそれでも見かけたら声をかけていただければ、
サインでよろしければいたします。
(自分は花粉症なので、マスクをしてるでしょうから余計人相がわからないかもですが)
ただ江口さんで単行本を購入いただいた方を優先できたらなと思うのも、
公正さなり義理なりがありますので、お許しを。

コミックスも手元に届き、見ましたところ、
カバー画の色彩に関しては色校でのバタバタが嘘のように、
自分の願った仕上がりになっていて安心をしました。
(本文の口絵はやや暗く沈んだ色になっていましたが)
ブックデザインはかなり自分であれこれ提案してしまって、
それを見栄えよく仕上げていただいたデザイナーさんに恐縮しつつ感謝いたします。
Design-rough_20200228082801
ただ発刊はされたものの、
周囲のほんの数人の人が感想を述べてくれたけれど、
結局、自分で触れることができるのはAmazonのレビューの「わけがわからない」って酷評だけ。
あとはほとんど読者の反応が分からない状態で
そもそも読者すらいないのではないかと思い悩みました。
Twitterも何もしていない自分は
いつのまにか誰の声も聞こえない場所にいるんだなと痛感するばかり。
[ガルパン漫画だ買ってみよう⇒わけわからない・つまらない・困った⇒だんまり]
って図式ばっかりなのだろうと思いつめて
漫画家をやっている意味はなんなんだろう。
無駄にお金を使わせて迷惑かけているだけじゃないのか。
大洗ではお礼を言うのではなく謝罪をしないと。
以前に「中国嫁日記」の井上純弌くんに「友達が欲しくて漫画を描いている」って話して
呆れられたけれど、
自分の漫画や自分の努力の結果で
友達ができるような期待をするのはきっと間違いなんだ。
浮かれているだけ愚かさは増していく。
欲を出さず、スルーされる現実を受け入れて、
漫画家を名乗ることに身をかがめて生きていくしかないんだろう。
そんな考えばかりが頭を巡って数日間凹んでいました。
普段、仕事をしていれば、家から出ず、
3日も4日も誰とも口をきくことのない、
世間から捨てられたような自分にとって、
新刊の感想ってそれが一言でも、自分に向けて発せられた言葉なのです。
そういうものが殆どないって、
つまりそれはもう存在否定と無視で、誰からも相手にされない証明のようなもの。
家族とか職場とか、もしくは飲食店でも「自分」に向かって人様から話しかけられる機会が
1日に一度でもある人には、
声の出し方を忘れちゃうほど人と喋ることのない人間の
わずかな機会と信じていたものが無音の絶望は、
たぶん分からないかもしれません。
おかしな奴だと笑うことでしょう。
数年前にあんまり孤独だから漫画を辞めると宣言した若い漫画家さんがいました。
それは他人事ではない。自分も本当に身にしみます。

武漢肺炎の影響で色々な催しが中止になり、
企業や学校が休みになる中で、
なんだか人と人が会って楽しむ機会が奪われ、
人と会うことや場を催すことが罪悪に見られるようになってきているのは
恐ろしいことだなと思います。
自分はもうこんなですが、
他の人はそういう孤独や分断に悲しむことがないように願うばかりです。

|

2020年2月20日 (木)

ガルパン漫画のコミックス発売です。

もう少してきぱきと仕事をこなして
半年に1冊くらいは刊行されるものと考えていた自分を叱ってやりたい気持ちになります。
ようやっと「樅の木と鉄の羽の魔女」が発売になります。
というか早いところはもう店頭に並んでいるのかも。
自分は風景とか自然物を描くのが好きで、
戦車はほとんど描いた事がなかったから、
ヤマトの宇宙空間にはなかった背景画を喜んでちまちま描いて、
予想外の戦車を描く難しさに四苦八苦していたら
毎月の連載の掲載頁数が稼げずに、結果1年もかかってしまいましたよ!
とにかく一人で絵を描いているので
どうにもこれ以上は早くならないっぽいし、
物語の全プロットのまだ半分だし、
この後、そのプロットの見直しをしようと思っているので、
まだまだ苦闘は続きそうです。

コミックスは今回、色味の再現でかなりてんやわんやがありまして、
最終的にこちらの目論見どおりの色になっているのか、
今日(2月20日)の時点で献本が届いていないので、わかりません。
静かな青味を表現したかったのですが、背景のオレンジに引っ張られて、
なおかつ黒ずんでしまって悩まされました。
綺麗に再現されていたらいいな。

ということで
明日の発売日には、連載の更新もされます。
コミックスの購入特典のカラー画をあれこれ描いていたら、すっかり時間を食われて
今月も頁数は少なめです…。ゴメンナサイ。
今回も背景とか頑張って描いています!
その連載の最後の頁をお借りして
コミックス上巻の描き下ろし特典の一覧を掲載させていただきます。(コレ↓)
Tokuten

カバー画を用いた特典を作られた書店さんもあるらしいのですが、
自分にはどこなのかの情報がないので、
描き下ろしをした書店さんのみのリストになってます。
丸善さんはお茶の水店のみに特典がつきます。
さらにモノクロのペーパー、そして直筆サイン本も並ぶ予定です。
サインといえば、
大洗の江口又新堂さんでもガルパン漫画の恒例らしいサイン会を行います。
3月14日土曜の午後から。
海楽フェスタの前日ですね。
執筆を助けていただいている才谷屋さんと合同です。
昨今のご時勢であれもこれも中止とかなんとかありますが、
自分が倒れてなければ、大洗には行きますので!
花粉症なのでマスクをしている非礼をお許しください。

地味なお話なので
読んでみたら「なんじゃこれ?」って人もいらっしゃるとは思います。
そのあたりは物語の後半で地味に盛り上げたいと思っています。

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年5月 »