« 2022年12月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年5月

2023年5月 3日 (水)

ラジオ・スイート 宇宙戦艦ヤマトⅢ いよいよ放送です。

年末からずっとあれこれ忙しくて、テンテコ舞いでしたが、ようやっと一区切り。
連載の仕事に戻れそうです。
そして今週末の5月6日16時には、今年も4時間のヤマト音楽だけのラジオ特番!
ラジオ・スイート 宇宙戦艦ヤマトⅢ」の放送です。
出演者はいつものメンバー。
MCはナナコ局の倉嶋桃子さんにお願いをいたしました。
ゲストは作家の福井晴敏さんです。
Yamato-crew-color 

今回も司会進行役っぽい感じになっていますが、オイラはそもそも間接部門。
企画内容の提案、ラジオ局との折衝、スポンサー探しと交渉、ゲスト依頼、権利者サイドとのやり取り、
日程調整、資料作成、金銭管理、リクエスト集計、そして放送音源の編集、キューシート作成、
みたいな作業がメインになります。
企画の決定や選曲、リクエストのチョイスなど番組内容の大事な部分は
アンドロー梅田さん、福科考∞譜観さんが担ってくれています。
放送される芯になる部分です。
3人とも手弁当ですが、互いのバランスもとても良く、仲よく作っています。
どこかで勘違いした人が、
オイラがコネで仕事としてもらってやっているんだろうと言っているとも聞きますが、
それは的外れ。
99年のヤマトのアンソロコミックの企画立案のときからずっと、
大好きなヤマトをファンとして何か形にしていきたいと、ボランティアでやってきています。
この番組もファンメイドなのです。
「公式的な動きが少ないから~」と不満を口にする人の気持ちも分りますが、
かつてのヤマトブームを興していったのは、ファンの力が大きかったのを
子供だった自分は見てきました。
だったら、自分達で何かをしていけばいいはず。というのが自分の中の基本にあるのです。
(そして上記にあるような地道な手順をこなしていけば、ラジオ番組も作れるのです)
その意味で、ラジオ・スイートはファンイベントみたいなものなので、
番組を聴いてくれるだけで、イベントに参加したのと同じです。
いっしょに楽しみましょう。

番組は全国どこからでもネット配信を通じて聞くことが出来ます。
PCサイト&スマホアプリの「ListenRadio(リスラジ)」を用いて、
関東エリアから「775ライブリーFM」選ぶか、
http://listenradio.jp/
PCサイトの「サイマルラジオ」で関東甲信越エリア」から「775ライブリーFM」で。
https://simulradio.info/
サイマルラジオを利用すると海外からも聴けるはず。

この番組はWebNewtypeさんにもご紹介いただきました。ありがたや。
https://webnewtype.com/news/press/entry-22837.html

 

そして1つ大事な話。
この番組を録音して楽しんでいらっしゃる方も多いと思います。
個人で録音して聴くのは著作権的にまったく問題ないので、こちらはそういう楽しみ方も歓迎です。
ただ現在、ほぼ全てのラジオアプリやソフトが(有料・無料に関係なく)
リスラジ側の意向で録音できなくなっていたり、番組そのものが聴けなくなったりしています。
「コミュニティFM聴くなら、リスラジで聴け。俺たちのサイトの広告収入が大事だから」
というのが理由だろうなと勝手に推測しています。
なので去年まで使えていた「らじれこ」などのソフトやアプリで録音ができません
放送直前で大慌てにならないよう、お気をつけ下さい。

現状で番組を録音する方法は、
 ①PCやスマホの音声または動画キャプチャー機能のあるソフトやアプリで、
   リスラジ(またはサイマル)を流しながらキャプチャーする。
だけになります。
これは動画として記録されるので、データ量が膨大になります。なのでちょっと残念。
ですが、他にも方法はあります!
 ②PCのフリーソフト「らじれこ」の前身である「どがらじ」が残っていれば、それで録音可能。
どがらじは更新が止まった旧ソフトですが、逆にコミュニティFMを聴いて、録音する機能は生きています。
このソフトは現在は配布されていませんので、PCに残っている人しかできません。
そしてこれが最後の希望!
 ③PCのラジオフリーソフト「Radikool」を用いて録音する。
このソフトも配布元では昨年の段階で更新と配布を終了していますが、DLできる所が残っています!
https://maukameadows.net/radikool/
自分も実際にまっさらなPCにここからDLしてインストールしてみました。
このサイトでDLボタンから広告へ誘導されることがありますが、そのタグは消して、
元の画面のDLボタンのClickを再トライすればDLできました。
そして解凍したソフトはちゃんとインストールでき、
かつ昨年の最終更新版でした。
番組を録音したい方は、こちらのご利用をご検討ください。
ソフトはインストールして事前に録音など機能を試用してみてください。
簡単な使い方でも、いきなりではあわてて失敗する人もいますので。


自分はTwitterをやっていないので、
情報の拡散などできませんが、お気づきの方は是非、この番組と
ラジオの録音の方法を広めていただけたらと思います。

|

« 2022年12月 | トップページ | 2023年12月 »