現在の港区三田1丁目の描写は旧版より細かくしているが、構図的に同じ絵が配されているので印象としては大差ないかも。茶道の稽古でこの界隈はよく歩くから、自分にとってはおなじみの場所。