旧版では諦めていた地下生活者のコロニーの描写。京成電鉄の博物館動物園駅の写真や構造図が手に入ったので役に立った。実際の京成線にも乗ってトンネルの中を凝視もしたりして、大きさのイメージも把握するように努めた。