八咫烏(ヤタガラス)をモチーフにしたイメージ。陰陽道に走りがちな発想を捨てるところからが肝要と考えた。