これも最初期のラフなのだけれど、結局、作者がこれを気に入っていて、これで仕上げていくことに決定した。背景の処理や画角の関係でパース感が出せず、実は描くのに難儀することになった。