本の執筆者が、徳間ノベルズの「三千世界の星空」のカバー画が気に入っているのは承知しながら、同じ流れのものは描きたくなくて、あれこれ他の提案を試みた際の1枚。