堀田純司著「人とロボットの秘密」(講談社刊)のカバー画の別案に、自分で勝手に彩色したもの。せっかく描いたので本文カットなどに使っていただいてしまった。